保育をしない、話もできない同僚

  • 2018.12.12 Wednesday
  • 22:40

あい先生からお尋ねです。内容は非公開ということですが、とにかく同じようなお尋ねはいつもいつもいつも(!!!!)いただきます。要するに、「保育をしない」「保育をできない」、コミュニケーションもしない(できない)、こちらがなにかを指摘すると「そんなつもりはない」「なぜ、私/僕がそんなことを言われなきゃいけないのか」という同僚をどうしたらいいか、という話です。後輩だと泣かれてしまったり、先輩だと「若いくせに」と言われたり…。

 

私が今、唯一できる答えは、「私/僕はこういう保育士にならないようにしよう」(反面教師にする)と思って、あと数年間、耐えてください、ということだけです。施設長が問題を理解していても、「今は保育士の数が足りないから、とにかく辞められては困る」と言うことがあります(実は、そういう保育者を野放しにすることで、他の「できる」「育つはずの」保育者が辞めてしまうという実害が発生するのですが)。今、日本の保育界はどん底です。国も保護者も「質」なんて考えていない。でも、これではダメだという日が数年のうちに必ずきます(そもそも子どもは減っているのですから、数年後に保育園も保育士も淘汰の時代に入ります)。その時のための訓練だと思って、「こういう人にはなるまい」「こういう人がいても、少しでもいい保育ができるように努力できる人間になろう」と思ってください。その時、そういう保育士は辞めざるをえなくなります。

 

自分の行動や言動を意識して反芻して、必要なら変える。これができない人は、保育でなくとも「プロ」にはなれません。ましてや、保育は子どもという一番、繊細で大事な存在と関わる仕事なのですから、自分の行動や言動を意識できない人、他人に指摘やアドバイスをされて「ありがとう。そうしてみるね」と言えない人は就いてはいけないのです。保育は、社会の未来をつくる仕事なのですから、本来、人間としても知識・技術・スキルの面でもきわめて高いレベルの人が就くべき仕事です(特に、日本のように保護者が子育てを担えなく/担わなくなっている社会では)。

 

あい先生、どうぞ、その先生のようにはならないでください。愚痴をこぼす友達、同僚をみつけて、そこでストレスに対処しながら、ご自身の保育を育てていってください。お願いします。愚痴はいつでも書いてください。先生の文章はとてもしっかりしているし、わかりやすいし、論理だっています。どうぞ、先生がつぶれないように、あい先生自身の支援を身のまわりにしっかり作って、サポートし合って、よい保育をできるように育っていってください。

餅つき(再掲)

  • 2018.12.09 Sunday
  • 23:55

hiyoko先生、「トイレットペーパーの筒に入るおもちゃ」にコメントいただき、ありがとうございます!

 

季節がら、餅つきの件を再掲しておきます。餅つきは、とにかくノロウイルスの集団感染の原因になります。子どもたちがついた(さわった)餅は食べない! 家に持ち帰ったりしない! 鏡餅にするだけ。園でお餅を食べるなら、そのぶんは機械でつくか、検便を受けた人だけがつくか、してください。

2015年11月9日の記事です。

牛乳について

  • 2018.12.02 Sunday
  • 11:58

けいこ先生からお尋ねです。

-----

開封された牛乳を翌日園児に飲ませる事は出来ますか。管理の仕方など、給食委託業者から受け取ってしまったあとは管理責任はどのようにすれば良いのでしょうか。

牛乳に関してのヒアリハット例聞きたいです。

----

 

管理は冷蔵庫に入れる、これはわかりますが、後はわかりませ〜ん、調理の先生、看護師さん、園長先生、お願いいたします! 私が知っているこの手のヒヤリハット(「ヒアリハット」ではなく「ヒヤリハット」)は、給食のワゴンの奥になぜか、古い牛乳が置き忘れられていて、それを飲ませそうになってしまっただか、飲ませただか…。それくらいですね。

 

 

トイレットペーパーの筒に入るおもちゃについて

  • 2018.11.25 Sunday
  • 15:57

 

あい先生からお尋ねです。

-----

ホースのポットン落としが乳児のおもちゃで良いとお聞きしましたが、うちの園でもチェーン・ホースのポットン落としがあり子供たちの大好きな遊びの1つなのですが、ホースもチェーンもトイレットペーパーの芯にはいってしまうので、危ないのでダメだと上司に言われました。トイレットペーパーの芯に入るものは全て保育現場からなくすべきなのでしょうか。手先を使って遊ぶおもちゃは、乳児には必要だと思うのですが。

-----

 

あい先生、はい、私は確かに「ペットボトルのフタを2つ、くっつけたポットン落としより、カラーのホースを5センチぐらいに切ったものを」とお伝えしています。フタをくっつけるなら3つ以上。でも、くっつけるのは面倒だから、ならばホース、と。チェーリングも「割れてるのを口に入れたら危ないけど、つながっているなら口に入れても」と言います。

 

こちら(2−1)の中でリンクしたこの文書にまとめた通り、実は「トイレットペーパーに入るかどうか」という簡単な話ではないのですが、確かに、喉の中に入ってしまうという意味では、「トイレットペーパーの筒程度の穴を通る」は重要です。でも、私がお伝えしているカラーのホースは長さが4センチとか5センチ。つまり、上の文書で言う「32センチ」の穴も通りますが、飲み込めない「長さ」を保証しています。チェーリングも32センチの穴を通りますが、先生たちはたいてい、オリンピックのマークのように横にもつなげたチェーリングを長い鎖にしています(1本だけのチェーリングでは切れやすいから)。そうすると、やはり「長さ」が保証されています。上の文書の2ページの真ん中にも絵入りで書いてありますが、飲み込みきれない「長さ」にするというのは大切です。

 

ですから、誤嚥、誤飲という意味で危険なのは、2−1の「保育士さんの『これは心配』を基準にして」に書いた通り、上に書いた「長さ」がない、球状または球状に近い、特に表面がつるつる系の、塊状のものです。時々、キッチン・スポンジを切ったものやフェルトを持っていらして、「これも飲み込めますか?」とお尋ねになる先生もいらっしゃいます。もちろん、1センチ角とかであれば「危ないかもね」と言いますが、3センチもあれば「これ、一気に飲み込めます?」と私もお聞きします。「絶対に飲み込めない」とは言いません。鎖につないだチェーリングだって、口に入れていた部分が切れて飲み込む可能性はゼロではありません。でも、チェーリングで窒息はできません…。長さ4センチのカラーホースを噛み切れる子どもはいません…。

 

うーん。いかがでしょうか。単純に「穴を通る」だけだとそういうことになってしまうのですが…。でも、そう思い込んでいらっしゃる先生に「そうか」と納得していただくのはなかなか難しいかもしれません。人間、一度、「こう」と言ってしまうと、「あ、違っていたのか」と思っていてもなかなか軌道修正できないので…。

 

あい先生、皆さま、お考えをお聞かせください。

h先生に(回答だけです):保護者対応

  • 2018.11.17 Saturday
  • 19:40

h先生から、お尋ね自体は「非公開で」というご質問をいただきましたが、同じような悩みをお持ちの園、先生がたはたくさんいると思いますので。

 

園として対応しきれない保護者さんがおいでになる場合、自治体に毎回、報告をしてください。会話を録音して自治体にも聞かせてください。精神的・肉体的にこちらが危険を感じる言動、行動を保護者がするなら、動画を撮って自治体に報告してください。力を行使されそうになったら、冷静に「警察に電話します」と言い、電話をしてください。

 

もちろん、自治体は何もしないでしょう。でも、こちらが泣き寝入りをしないためです。そして、園の弁護士、自治体の弁護士に絶対、相談してください。

 

いいですか、泣き寝入りをしてはいけません。保育園、保育者の専門は子どものケアと成長・発達の支援です。保育指針になんと書いてあろうと、子どものケア及び成長・発達に関わる以上の保護者対応を園がする必要はありません。それによって、保育者がつぶれてしまうのは本末転倒です。

 

いまどき、自治体は何もしません。でも、保育園側、保育者側に実害が生じた時、「私たちは自治体に言い続けた」という証拠を残すのです。ファックスとメールで毎回、報告してください。録音も録画も残しておいてください。そして、警察と弁護士に相談!です。

 

よろしくお願いします。

インフルエンザについて

  • 2018.11.08 Thursday
  • 21:41

お尋ねです。大至急です! 看護師さんたち〜、お願いいたします。私個人は、園でそこまで言う必要があるとは思いませんが…。

------

こんにちは。初めての質問です。
インフルエンザのことで質問だったのですが、どこから掛札先生に質問できるのか分からず、随分前の記事ですがここにコメントさせて頂きました。申し訳ございません。

少し急ぎの質問です。
うちの園では、家族の方(同居している、頻繁によく会う祖父母を含む)で、インフルエンザに罹った方がいる場合、本人が罹っていなくても保育園での感染拡大予防のためにお休みにご協力頂きたいと説明しているのですが、果たしてそれは感染予防になるのでしょうか?
 

よろしくお願いいたします。

衣服の紛失について(回答のみ) & 研修会のお尋ね

  • 2018.10.14 Sunday
  • 22:22

1)11日の研修会にご出席くださった先生から「睡眠中は横向きもダメ」という絵はどこ?とお尋ねいただきました。おっしゃる通り、「保育の安全シート」の1−2です。「丁寧な絵」というのはございません。私が「横向き」の姿勢をして、お見せしたので、そのことかな?と。つまり、a) 両手が横に出ている、b) 下側の手が体の下に入った状態になっている(うつぶせになる直前)、c) 体はまだ斜め下を向いているが、手は体の左右に出ている(=うつぶせ)の違いです。bやcの姿勢になってしまうと、あおむけにするのも難しいので、aの時にあおむけにしてあげればよいのでは?ということです。

 

2)衣服の紛失についてお尋ねをいただいていましたが、現在、ご要望をいただき、非公開にしてあります。ですが、かな先生から早速コメントをいただきましたので、掲載しておきます。

(かな先生のコメント)

小学校ではお漏らし、水濡れなどでよく衣服を貸与します。返却しない家庭が結構あります。元々が新品衣服でもないため返して!と強くも言えず、可愛い今時っぽい衣服から無くなっています。時代遅れの衣服は戻ってきます(^^;)下着は新品を貸与し新品での返却となっていますが一向に返してもらえず・・・衣服購入予算もないため100均で自腹購入し、何とかやり過ごすという感じです。世知辛い世の中だなぁと思っています。

(掛札のコメント)

かわいい、あるいはブランドものの靴や服が紛失することは、稀ではありません。自分の子どもにはさすがに使えなくても(同じ園ですから)、リサイクル店にでも売るのかもしれませんが…。

 ひとつは、「コミュニケーションに関するトピックス」のB−1の「感染症時期の衣服に関するお願い」と同様に、「衣服は入れ間違いや紛失の危険がどうしてもありますので、園で着る服は『たとえなくなってもよいもの、汚してもよいもの』をお勧めします」としてはいかがでしょうか。行き来はきれいな服でということであれば、棚に朝、しまっておいてもらう、夕方、持ってきてもらうということですむと思うのですが…。

 

 

しばし更新が遅れます

  • 2018.09.29 Saturday
  • 09:43

保育園Ns先生、「予防接種」にコメント、ありがとうございます。予防接種については、入園前の段階で保護者の意思を尋ね、「接種します」とおっしゃらないのであれば、「集団保育であること」「園としては必ず接種をお勧めすること」「接種をお勧めすることで、保護者の方との間に軋轢が生じる可能性が十分あること」「軋轢が起こるということを理解のうえ、入園するかどうかを決めていただきたい」旨、お伝えするのがベストだと思います。つまり、「関係は悪くなるけど、それがわかって入園する?」と。接種しないからといって入園を拒否することはできませんから。

 

さて、(台風さえ去ってくれたら)10月1日から1週間ちょっと、日本を離れます。『3000万語の格差』のサスキンド博士のセンター(シカゴ)にもうかがってきます。なので、こちらもNPOサイトも更新が遅れる可能性大です。そのぶん、できる限り米国速報もお伝えしたいと思いますので、NPOサイトの「更新」の所を見ていてくださいませ〜。

 

台風、被害も少なく、さらっと通りすぎてね〜。

 

かけふだいつみ

3人抱っこ・おんぶヒモについて

  • 2018.09.24 Monday
  • 21:12

(「横向き&予防接種」「キッチンハイター」にコメント、ありがとうございます!)

 

すぎ先生から、コメントとお尋ねです。来週、シカゴのサスキンド博士のセンターへ行ってきま〜す。

 

え〜、すぎ先生、そのようなおんぶ抱っこヒモがあるのですね! 知らなかった。どなたか、お試しになっています?

----

掛札先生のトピックス、ニュースを毎月の会議に共有させていただいています。「3000万語の格差」、新保育指針の背景となることが全て書かれていてワクワクして読ませていただきました。外国本にアレルギーがある私ですが、掛札先生のお話の仕方が浮かんでくるような素敵な文章に頬が緩むのを感じながら読ませていただきました。子ども達に素敵な言葉のシャワーを浴びせたいなー、とともに、保護者の方にも伝えたいなー、そして何より職員同士が素敵な言葉の掛け合いが必要かなー、と思います。

自転車抱っこ死亡の話ですが、私の園にもいました。抱っこ自転車。危ないよーと声掛け、新聞記事も掲示しました。おんぶもやめるべきという方もいましたが…。いろいろ考えていたら、避難時に3人抱えるおんぶ抱っこ紐なんていくらなんでも危ないのでは。購入されてる園もあるのでしょうか。

睡眠(横向き)。予防接種

  • 2018.09.08 Saturday
  • 22:49

かな先生、「プール中に地震」にコメント、ありがとうございます。どちらもびっくりなお話…。水にもぐるのがいいのでしょうかね…、竜巻の時って。うーん。

 

Tga-先生からは「キッチンハイター」について、さらなるお尋ねをいただきましたが、どうなんでしょ。看護師さん、園長先生〜、ご存知ではありませんか?

 

さて、2つお尋ね。

まずはまさこ先生から、午睡時の横向きについて。

---

1.2歳児の午睡中の横向き姿勢について質問致します。
横向き寝は、基本無しということで理解しています。が、下側の腕を前に伸ばしうつぶせ寝にならないよう注意していれば、1,2歳児でもありという事でよろしいでしょうか。
万が一の場合、横向き寝ということで、安全対策を怠ったと責められることになるのでしょうか。
どうぞよろしくお願い致します。

---

 

もうひとつはhoikuen先生から、予防接種について。いただいた話は細かいので省略しますが、要するに「予防接種をまったく打っていない」という話です。もちろん、はしかも…。

 

----

まずまさこ先生の「横向き」ですが、東京都の監査では「横向き」もダメとなっています。NPOサイトに載せている「保育の安全シート」の1−2にもそのように記載しています。では、横向きは絶対にダメなのか。1歳でも? 2歳でも? 下側の腕がのびていれば? ごめんなさい、私あるいは並木先生がここで文章として「〜ならいい」を書くことはできません。なぜなら、そう書いてしまって、もし保育園で「横向き」でお子さんが亡くなり、「なぜ横向きにしていたんだ」「このサイトに『よい』と書いてあったから」になれば、私たちの責任になるからです。医者も誰も「〜なら良い」を言わないのは、「100%死なない」を誰も保障できないからです。

 

では、どうすればいいのか。先生の自治体の保育課に聞いてください。「横向きについて、私たちは判断に困っている」と言って尋ね、「園の判断に任せる」と言われたら園で判断し、自治体(尋ねた先)にも「横向きについては〜のように判断して行動していきます」と言っておくのです。そうすれば、万が一なにかが起きた時にも、「園はきちんと自治体に聞いた」ということになります(尋ねた日、質問内容、回答等はすべて記録しておくか、メールまたはファックスでやりとりをすることをお勧めします。証拠を残すため、です)。実はこの「園の判断」というのは、昨日書いた災害(休園)の話と共通するのです。

 

いかがでしょう、まさこ先生?

 

----

もうひとつ、hoikuen先生のお尋ね。むちゃくちゃ難しく、でも、この問題を抱えていない園はないぐらいだと言ってもよいかと。予防接種は強要できません。でも、集団保育ですから、接種していただきたい。園医さんはそうおっしゃってくださいますが、園医でないかかりつけ医の中には「接種しなくていい」と言うかたまでいます。

 

まず、「小児科学会からこういうパンフレットが出たようなので、お読みになっていただけませんか」とやわらかく、やわらかく渡してみてはいかがでしょうか。

日本小児科学会の「知っておきたいわくちん情報」(2018年。総論と各論の両方)

特に総論の「個人防衛と社会防衛」のところ、また、「副反応」の解説と「副反応の救済制度」の部分が大事です。

 

予防接種はまだ悩んでおりますが、とりいそぎ。

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM