新年度を前に

  • 2018.03.27 Tuesday
  • 19:53

皆さま、明日明後日で、存じあげている先生方にメールを出しますが、ここにも…。

 

1)新年度に向けて、「睡眠の安全:2018」を掲載しています。園で、地域で、自治体で、どうぞお役立てください。
http://daycaresafety.org/topics_sleep_2018.html

 上のページの冒頭にありますが、イラストで見てわかる「保育の安全シート」シリーズを始めました。次は「緊急時のすることリスト」、そして「水の安全」と続く予定です。

 

2)5月の連休明けには、翻訳書『3000万語の格差 : 赤ちゃんの脳をつくる、親と保育者の話しかけ』(ダナ・サスキンド著、掛札訳、高山静子先生解説)が明石書店から出ます。保護者にも保育者にも具体的に役立つ内容です。「待機児童問題」の根本的解決につなげる希望も持ちつつ…。一般書店、ネット書店でもご購入いただけます。


3)ウェブサイトもあちこち更新していますが、4月の頭にかけて
・ケガ、特に頭頸部のケガをどう扱うか
・給食の異物混入、アレルゲンの混入をどう扱うか
などを掲載します。

4)苗を購入なさる時期だと思いますが、ミニトマトの栽培はおやめになったほうがよいと思います。

http://daycaresafety.org/topics_main.html#topics_anzen

 

5)こちらのAー0の文書、Bー1の掲示やお手紙も必要に応じてお使いください。

http://daycaresafety.org/topics_main2.html

 

6)4〜5月はウェブサイトの整理作業も並行して進めますので、時々、サイトが見づらくなることもあるかと思います。ご了承ください。

 

新しい年度も、子どもたちの命を守り、充実した保育を進められるようお手伝いをしてまいります。

 

では、年度末、年度初め、焦らずぼちぼちまいりましょう〜! 時々、深呼吸を (^^)

 

掛札逸美

「最善の利益」、白玉、もうひとつ

  • 2018.03.02 Friday
  • 13:13

皆さま、

 

掃除魔の私がほぼ1か月近く、家の掃除をしておりません。いつになったら掃除ができるのか…。床の上の紙やらなにやらだけでもなんとかしないと、「滑って転倒」のリスクが。

 

さて、1)ゆみこ先生。お尋ねの件ですが、ごめんなさい、私にはわかりません。どんなものであれ、「他の子となにか違う子ども」に対する対応は、その学校のこれまでの歴史、地域の文化などによって、(同じ日本でも)かなり違うので…。米国ですら、「子どもの話に親が出てきた」というだけでまわりの子どもたちがいっそう、その子どもに対してネガティブな行動をとることはありますし。ただ、ひとつだけ言えるのは、親であるゆみこ先生がお子さんを支える、愛するという部分で揺らがなければ、お子さんは生きていけるということです。そこらへんを言葉に出さないのがこの文化なのですけど、お子さんに、はっきり言葉で「誰がなんと言おうと、あなたは私の子どもで、私はあなたを愛しているから」と伝え続けてください。

 

2)次は、shojiroa先生。

「我が園では白玉粉に同重量の絹ごし豆腐を混ぜてお団子を作って子どもに提供しています。窒息予防の観点から、このレシピで提供するのはどうでしょうか。検食してみたらやはり粘りはありますが、柔らかく食べやすい状態ではあります。」

-----

お答え。私が知る限り、「つるん」が危険なのであって、「柔らかくて食べやすい」は無関係です。そして、「豆腐を混ぜれば」「〇〇を混ぜれば」を咀嚼の科学として証明した実験はありません。保育園の伝説です…。さらに、「白玉」と名づけている以上、それは、内閣府のガイドラインが「避けることが望ましい」としている献立です。よって、私は「それなら安全です」とは決して言いません。ごめんなさい、

 

3)さらに、はまゆげ先生から。皆さん、ご意見をくださいませ! 

-----
 「『子どもの最善の利益』を保障する:年度末、年度初めに保護者に伝える基本文書」を、在園児向け新年度説明会で使用しました。内容は変えず、なぜこの園でこういった文書を配り、説明するのか。をていねいに保護者へ伝えました。否定的な、心配をするような意見が出るかと予想していましたが、今のところは出ていません。説明会終了後の保護者とのやり取りからも、理解を得た感触はありますが、これからの園の対応次第でしょうか。
職員にも説明しました。「保護者にこのような説明をしているということは、みんなが保育をしやすくなるとともに、より専門性を求められるんだよ。」と。

-----

 話は変わりますが、気になる記事があります。
「噛みつき」で子どもや園の責任を問えるか?という記事
荒川区の0歳児保育「一揆」の勝利についてーあるいは現代日本における「ボイス」の可能性


 一つ目の記事、おっしゃる通り、かみつきで訴訟を起こされてはかないません。「なんだかなぁー。何でもかんでもWEBに載せないでほしいなぁ。保育園側のことは知らんぷりかい!」と嫌な感情が出ました。
そして、二つ目の記事のように、声を上げれば変わる、変えられるということも、いい側面もあれば、半ば脅しのような形でも通るよ、変えられるよ。という風にも受け止められました。
 それぞれの立場、背景などを無視しても、一定数の理解が得られれば良いのでしょうか。荒川区の保育時間を擁護するわけではありません。が、どんな叫び方をしてもよいのでしょうか。

 私たち現場としても、『ボイス』を発すれば、社会の見方が変わるのでしょうか?(個人的に、何でもかんでもカタカナを使うのは、薄っぺらい感じがしますが、あえて声ではなく、ボイス。)
 皆さんのご意見を伺いたいです。

皆さま、お元気?

  • 2018.02.12 Monday
  • 15:11

皆さま、

 

インフルエンザは大丈夫…じゃないですよね…、かかったらしっかりお休みください。私は何があっても、インフルエンザどころか風邪もひけないので、なんとか避けまくっております。カーディオ・エクササイズと筋トレも続けております。体が資本、喉が資本(笑)。

 

とんでもない仕事の山の向こうに小さな光が見えてきました(「休み」という言葉が存在しない。本当に存在しないっ)。年度初めに大事な「睡眠の安全」のダイジェスト版(今年度は柚木ミサトさんのイラスト版!)も3月には載せます。4月末には翻訳書、出ます(保育も子育ても変えるぞ!)、翻訳書に関連したウェブサイトも作ります。その前、2月末には「頭を打った時」の話を書きます。そんな感じかな。

 

まずは「コミュニケーションに関するトピックス」のA-0のご活用方法を考えてください。そして、Bに載っている手紙や掲示で必要な部分は適宜書き換えて「しおり」などに入れてくださいね! 「こんな文章でいいかな?」と悩んだら、いつでもこちらにコメントください。今週はお返事できないかもしれないけど、来週には!

 

ぼちぼち無理せず、年度末〜年度初めを乗り切りましょう (^^)

 

かけふだいつみ

研修会について

  • 2018.01.19 Friday
  • 09:04

1)由紀子先生、「ズーム」を縮小して文字を小さくしたら、メニューが上に並んで見えるようになったとのこと、よかったです (^^)v

 

2)石川のかずみ先生、2月16日、石川県社会福祉協議会福祉総合研修センターさんの主催で金沢にうかがいますが、それはもう締め切ったかな…。今のところ、わかっている研修予定はそれぐらいです。

 

研修会は、園でそういう連絡を受け取る担当の方が気づかないと、他の先生が後で「え、知ってたら行ってたのに!」ということにもなります。どうしたらいいのかなあ…。どうしたらいいと思います、皆さん?

 

かけふだ

サイトの画面の見え方。尿検査のためにどう尿をとるか

  • 2018.01.14 Sunday
  • 13:45

皆さま、

 

年末年始、ひたすら翻訳ともうひとつの仕事に没頭していて、世界と切断状態におりました。こちらの更新が遅くなりました。今年もよろしくお願いいたします〜 (^^)v 以下、2つあります。あ、下の「次亜」の話にもコメント、いただいています!

 

1)まず、由紀子先生からいただいた質問。

「ウェブサイトのトップページに以前は、横一列でニュース、トピックス・・と並んでおり、すぐにクリックして選べましたが、最近、横一列が表示されなくなってしまいました。右側にある3本線をクリックして選べますが、そのように表示が変更となったのでしょうか? 横一列表示ですと、とても便利だったのです。(それとも私のPC表示が異なってしまったのかも・・) お時間ありましたら、教えてください。」

 

これはですね〜。由紀子先生がパソコンの画面を拡大(ズーム)しているためです! 私のパソコンでもそうなります。文字を読みやすいようにと画面をズーム(文字を大きく)していくと、あるところ(たぶんパソコンの画面の大きさとかによると思います)で一番上の青い帯の上にある「ニュース」「トピックス」…が消えて、右上の3本線(メニューの印)のみになります。ですから、パソコンの画面を縮小(文字が小さくなる)してみてください! 試してみてダメだったら、またコメントを残してくださいませ。

 

2)フジ先生から、年末にいただいたご質問(というかアイディア!)です。ごめんなさい、フジ先生。これ、すごい技ですね!

保育園での尿検査について(裏返しオムツという裏ワザ)〜リスクはあるが尿はとれる〜
 私の園では年2回園児の尿検査を行っています。

 

 皆さんの園では0〜1歳児の尿を、保護者の方は採取できていますでしょうか? うちの園では0、1歳児クラスの園児には全員採尿パックを1枚お配りし、使い方、尿をとるポイントなど細部までこだわり抜いた説明書きを作り配布していますが、採尿パックの失敗率は高く、保険として提案しているオムツの上に+ラップ+脱脂綿方法も惨敗に終わっています。

 

 どうしたら尿がとれるのか嘆いていたある日、1人の保育士さんが園児がオムツを裏返し(吸収面が外側)にはいてしまっていることに気づき、脱がせようとしたときにオムツの中に吸収されなかったおしっこがたまっていることに気づきました。そこでピン!ときた保育士さん。自分の子どもの園でらちょうど尿検査があったらしく、試してみたら見事採取に成功したそうです! そして、うちの園児で採尿パックもオムツラップ法?も失敗して絶望しているお母さんに提案してみたところ、「裏返しオムツ」で成功しました!と嬉しい報告がありました!

 

 量や体勢によってもれるリスクは高い方法かとも思います。しかし、経験上、採尿パックをつけると違和感からか朝の忙しい時間のリミットまでに排尿することができない子どもたちは多いですし、オムツラップ法はズレでポリマーにすべて尿を奪われてしまうという残念な結果を聞くことも多いです! そんなときにはどうでしょう? もし皆さんもステキなアイデアあれば教えてください。

 

SIDSのチェック表、次亜塩素酸水

  • 2017.12.27 Wednesday
  • 22:20

皆さま、「吐しゃ物がついた職員の服、エプロン」のスレッドで、LISKO先生がパウチの答えを返してくださいました。そういうのがあるんですね、知りませんでした。ありがとうございます。

 

では、掛札、年末年始は翻訳業に専念いたします。また、年明けに〜。あ、もちろん投稿はいつでもどうぞ。気がついたら更新します。質問も2つ、いただきましたし、お答えもお願いいたします。

-----

 

1)Kazu先生から。先生、何度も投稿ボタンを押してくださったようですが、投稿(コメント)はすぐには公開されませんので…。ごめんなさい。

(お尋ね)

SIDSのチェック表を検討中です。何かいい案があったら教えてください。
お願いします。

(まず掛札の答え)

「睡眠チェック表」「午睡チェック表」と検索すると、いろいろな自治体のものが出てきます。まずは自園の自治体にお尋ねいただき、自治体から「どんなものでもいい」と言われたら自分たちでおつくりになればよいかと。内閣府のガイドラインも何も書式は決めていませんから…。

 

----

2)そして、おおかわ先生から。

(お尋ね)

 はじめまして。保育園併設型の病後児保育室で看護師をしております。次亜塩素酸水(電解水)での嘔吐処理について疑問がありコメントします。
 当園でも私が勤務する前には嘔吐処理に使う「殺菌」剤が溢れており、その中に「次亜塩素酸水」も含まれていました。が、いろいろな研修で話を聞かせていただいたり、販売業者さんとも話しをさせていただいた結果「次亜塩素酸ナトリウムを薄めてもしくは有効濃度の次亜塩素酸ナトリウム製剤」の使用で統一しました。ポイントは「消毒」と「殺菌」。「次亜塩素酸水(電解水)」による有機物処理には多量の次亜塩素酸水が必要である。と解釈しています(強酸、微酸性にもよりますが、強酸製剤なら2度拭きは必要でしょうし)。

 次亜塩素酸水に関しては、医療現場でも使用されているようなお話も伺いますが私も現場を離れて久しく、どうなのか…?
 もちろん利便性の高い方がいいのですが、効果はどなたかお教えねがえませんか。

(確認させてください)

 おおかわ先生、つまり、「次亜塩素酸ナトリウム液」ではなく「次亜塩素酸水」でもいいのか?というお尋ねでしょうか。

 

 

「衣服についてお願い」手紙、載せました

  • 2017.12.21 Thursday
  • 11:29

 

皆さま、

 

「最悪、捨ててもいい服で」のお手紙、NPOサイトの「コミュニケーションに関するトピックス」に掲載しました。対応は園によって違っても、お手紙の主旨自体は変わりませんので、お使いくださいませ。

それと、下の「職員の服、エプロン」の所に「パウチ」の話が出ています。ですね、その手もありますね!

 

やんげ先生、コメント(非公開)ありがとうございます。いつでもどうぞ〜。

 

あと10日、体調に気をつけて過ごしましょう! 私はこれから、怒涛の翻訳シーズンに突入します。

 

かけふだ

子どもの言葉の理解(生後6か月)

  • 2017.11.30 Thursday
  • 13:11

 突然ですが、11月21日の海外ニュースからです。掛札個人サイトの「こども」に、数日中に移しますが、とりいそぎこちらに。原著論文も要約は読み、その内容はこちらにもちょっと足しました。


------

 

 米国デューク大学のElika Bergelson博士のグループは、生後きわめて早い時期から子どもが言葉の意味を理解していることを明らかにした。この研究では生後6か月の乳児を対象に実験。聞いている単語と、身のまわりのものの間につながりがあると、この乳児たちが理解しているかどうかを調べたもの。

 

 実験方法と結果は、以下の通り。
1)乳児たちに2枚の絵の組み合わせを見せていく。組み合わせは、「車 car」と「ベビーカー stroller」、「ミルク milk」と「ジュース juice」のように関連のあるものそれぞれ1枚、または「車 car」と「ジュース juice」、「ミルク milk」と「足 foot」のように関連のないものそれぞれ1枚。そして、単語、たとえば「車 car」を聞かせる。
2)アイ・トラッキング(視線を追跡する機械)を使い、子どもがどの絵をどれぐらいの時間、見たかを計測。
3)すると、「車」と「ジュース」のように相互に無関係な組み合わせにおいて、たとえば、「車 car」と聞くと車の絵を長く見た。この長さは、相互に関係のある組み合わせで車の絵を見る長さよりも、統計学的に有意に(=偶然以上の確率で)長かった。
4)つまり、生後6か月の乳児はすでに、「車」という言葉と車の絵の関係を理解しており、車とはまったく無関係なものを見せられれば、「carはjuiceじゃないよ」とわかっているということ。けれども、まだ、「ベビーカー stroller」と「車 car」のような、相互に近いものの区別はついていない。

 

 一方、ビデオで撮影した画像の検討から同グループは、単語が言われた時に実際にそのモノを見ているほうが、乳児は単語をより良く認識できるようになるということも明らかにしている。たとえば、スプーンが見える状態で「ほら、あなたのスプーンはここだよ」と言うということ。ただ単語を聞くだけよりも、どれだけひんぱんに、実際のモノが目に見える状態でその単語を聞いたかが、大きな影響を与えるようであることもわかった。

 

「これだけ小さい子どもであっても、たくさん話しかけ、子どもが注意を向けているものにおとなも注意を向ける。言語発達の最初の段階を助けるということがわかった」と、Elika Bergelson博士は話している。

熱がない時の嘔吐、下痢(と、伝え方)

  • 2017.11.23 Thursday
  • 12:57

下の、かんこ先生のお尋ね、皆さん、お願いしまーす、ご自身の園の方法や考え方を書いてください。私、しつこく言いますよ、なにもかも「お互いさま」です。なんでもかんでも、もらいっぱなしは最終的に人生の大損につながります。自分ひとりですべてをすることができない以上、人はまわりからいろいろな助けをもらって生きています。だから、なんでも共有!です。

 

あ、あと、ブログのカテゴリーに「感染症、嘔吐、下痢」を足して、最近の感染症関係のスレッドをこのカテゴリーに移しました。

 

さて、「熱がない子どもが嘔吐、下痢をした時、保護者にいつ(例:何回嘔吐したら?)、どのように伝えるか」というご質問を研修会でいただきました。大事なのでこちらに。ただ、私にはわからない話なので、並木由美江先生(この保育の救急訓練のビデオを作った先生)にうかがいました。以下の通りです。後に私の意見(コミュニケーションの方法)もついています。皆さんのご意見も、ぜひお聞かせください。

----

(並木先生の回答)

 いつもと違う症状があった場合の連絡についての質問についてのお答えですが、保育現場で毎日関わる悩みでもあります。

 『感染症対策ガイドライン』などでも、おおまかな目安でこのくらいなら保育可能、このくらいで保護者連絡、このくらいで病院受診など示されていますが、子どもは皆それぞれ年齢や体質、熱やお腹がデリケートなど、ありますよね。ですから、その日初めての嘔吐や下痢でも、その時に保育園がした手当てと経過を、午前中の症状であれば保護者の昼休みの時間あたりにお知らせしておくとよいと思います。そして、その後の経過で、保育の中で配慮できることも伝え、場合によっては受診を勧めたり、お迎えをお願いすることと、お伝えしています。こうすることで、保護者が仕事のやりくりをして、お迎え要請に対しても準備できます

 嘔吐下痢で熱はなくても、「お腹の風邪」といわれる感染性胃腸炎の流行するこれからの時期は、嘔吐下痢の症状から脱水、発熱、と症状が加わっていくことがあります。早めの適切な連絡は、保護者にとっても子どもにとっても助かることになると思います。

------

 

 掛札のおまけ(感染症流行時期の前に伝えること、そして、電話で伝えること)。この手紙(B-1の「体調が悪化する/した時のために」)も今のうちに、下の2のひとつとして出すようになさってください。

 

1)熱や嘔吐、下痢などの体調不良(変化)を保護者に電話で伝える際、受診や早いお迎えを強く勧めることは、コミュニケーション上、避けてください1−8で安全行動における「目先」の話を書きましたが、仕事中の保護者も「目先(=今、している仕事)」に没頭した状態です(人間は常に「目先」優先)。そこに電話を受ければ、(心配であるからこそ)「今、している仕事」と「子どもの体調不良」の間で心理的に引き裂かれた状態になります。「迎えに来てください!」と強く言われれば、感情的にもなります。

 ですから、並木先生が書いている通り、「体調がおかしいぞ」という時に早く、「今、〜ちゃんがこういう状態ですので、お知らせしますね」と平(たい)らかに伝えます。保護者が「今は迎えに行けません」と言ったとしても、この状況では十分、園側で対応できているでしょうから、「お迎えに行けません」に対しては、これまた平らかに「あ、はい。〜ちゃんが嘔吐(下痢)をしたので(または発熱し始めたようなので)、まずはご一報申し上げました。体調をみながら、熱も測りながら、1時間後にまたご報告しますね」と伝えます。そして、たとえば1時間後に熱が下がらない、あるいは、たとえば2時間後にまた嘔吐、下痢をした場合には、「ご報告をさせていただきますね。〜ちゃんが…」と平らかに伝えます(明らかな「体調の急変」の時は、別です)。

 なぜ、このような継続的で、冷静な報告(「お迎え要請」ではなく)が大事かというと、最初の電話の時は「会議の直前!」といらだった(+心配な)保護者も、1時間後や2時間後の電話の時は、「会議が終わったし、これで帰っても大丈夫かな」と思えるかもしれないからです(これが、並木先生が書いている「仕事のやりくり」の、実際の心理・行動)。人間、予測していなかったことが急に起きると驚き、感情的になりますが(一度目の連絡)、その後(二度目の連絡以降)は当然、冷静を取り戻し、「仕事」と「子どもの体調」の間のバランスを考えられるようになる確率が高いからです(驚きと感情の話は、コミュニケーションのトピックスのこちらの解説)。

 もちろん、保護者から「どうしたらいいでしょうか?」と訊かれたら、「できれば、病院に受診できる時間にお迎えに来ていただいたほうがよいと思います」と答えるのでしょうけど…。

 

2)感染症流行時期の前(=今)に伝えておくこと

 今の時期、「感染症がこれから流行します」という事実の他に、「子ども(特に乳児)は、自分で体調の異常や具合の悪さを表現できないため、嘔吐や下痢、熱の裏にある急変を見逃す危険性もある」「体調が悪いなと思ったら、早めに受診をして、自宅でゆっくり過ごすことが、早く元気になるためにも大切」「保育園では体調が悪いお子さんを見守るけれども、嘔吐や下痢、熱が続く場合は、体調の悪さの裏に何か重大なことがないかどうか調べてもらうべく、受診できる時間にお迎えにきてほしい」といったことをことあるごとに伝え、「あなたの/皆さんの大事なお子さんをお預かりしている私たちは、お子さんの体調の変化を定期的に、電話でお伝えします」と先に言っておきましょう。

 こうした内容を、実際に熱があったり、嘔吐下痢が起きた時に言っても、「目先」と「心配」の間の心理状態の中にいる保護者には伝わらないこともあります。感情的に「おおげさに言ってる」「脅かさないで」と思う保護者もいるでしょう。それでは逆効果なのです。あくまでも、こういった内容は、感染症が流行する前、あるいは、その子ども(たち)が元気な時に、冷静に伝えることです。

 

3)「オオカミが来た」を起こさないために

 子どもが何時間も熱を出していても、嘔吐や下痢をくりかえしていても、それが命に関わる結果になることはまずめったにありません(きわめて稀ですが、亡くなっている事例はありますし、それがどの子どもに起こるかはわかりません)。そうすると、「目先」と「心配」にはさまれた心理状態になってお迎えにきた保護者は、子どもを見てホッとした気持ちもあり、「目先」と「心配」の間で悩んだ感情もあり、たいてい、「ああ、思ったより元気だ」「よかった、たいしたことないじゃない」という感情に向かいます。「オオカミが来た」の状態です。

 そして、次に「熱があります」「嘔吐、下痢です」と園から電話が来ると…。「この前だって、あんなに元気だったし…」と、ここで「オオカミが来た」状態が強くなります。人間の楽観バイアスとあいまって、これはなかなか消すことができません。ありがたいことに、子どもはまず亡くならないからです。極端な話、「38度の熱が4時間続いたら、1歳児は必ず昏睡状態になって、亡くなります」という話なら、こうした「オオカミが来た」は起こらないのです。でも逆に、ごく稀ではありますが、体調の変化後、数時間、数十時間以内に亡くなるお子さんもいるのが事実です。

 だから、保護者に体調不良の電話をした時に、上の2)で書いたようなことを言うべきではないのです。2)の内容を電話で言えば、「大げさに言って!」を強化するだけだから、です(もちろん、伝える側の言い方にもよりますから、「絶対に、こういうことを言ってはいけない」とは私も書きません)。

 2の内容はあくまでも、子どもが元気な時、感染症が流行する前に伝えておきます。

 

 

吐しゃ物がついた「職員のエプロン、服」の扱い

  • 2017.11.11 Saturday
  • 21:22

10月24日の「園での与薬は1日3回」のスレッドにコメントをいただきました。その後、睡眠チェック、吐しゃ物、餅つき(再掲)、ホメオパシーと続いております。皆さま、ご利用ありがとうございます! どうぞ、ご意見、アドバイスも書き込んでくださいね。なにごともお互いさま!ですから (^^)v

 

さて、かんこ先生からお尋ねです。今回も吐しゃ物。

ーーーー

新設園にて保育園看護師をしています。
最近嘔吐が多いのですが、職員の服が吐物で汚染された場合、エプロンなどの服はもちかえり家で洗濯、いちばんは破棄だと思っているのですが、職員から「汚いのでもちかえりたくない」「洗濯機を園で回したい」と希望がありまして…。対応に困ります。
園には1つしか洗濯機がなくて、食事用エプロンなどもつかっているのでウイルスを考えると…。
区へ問い合わせがいちばんでしょうか?

ーーーー

 

これはねえ〜、自治体に聞いても「好きにして」と言われそう…。洗濯機をもう一台買ってくれるわけでもないでしょうし。はい! 皆さん、自園ではどうしているか、教えてください。お願いします。

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM