「呼吸停止・異常に気づいた! 生き返った!」を教えてください

  • 2016.09.12 Monday
  • 09:43

皆さま、

 

この半月の間に、「睡眠中に異常(呼吸停止など)に気づき、すぐに対応して生き返った」という事例を2つ聞きました。「そうか!」と思ったので、緊急・最重要のお願いです。睡眠中、プール活動中、その他の活動中の、このような事例を教えてください。

 

深刻事故予防のひとつの課題は、「結果は『最悪が起こらないこと』だから、予防行動をしていても成果が見えにくい」点です。でも、睡眠中やプール活動中等の時は、「異常な状態の子どもに早く気づくための行動」もしているわけですから、命を救うこともできているはずなのです(そのままにしておいて死亡したかどうかは実のところわからないのですが、そんなことはどうでもいい!ですよね)。

 

早く気づいて対応したけれども亡くなってしまった、という事例もあります。でも、今はとにかく、「睡眠チェックをしてください」「プールの監視をしてください」、なぜなら早期発見によって実際生き返っているお子さんもいるからです、と伝えていきたい。伝えていかなければいけないのです。「睡眠中、それもけいれんや窒息等が一切なくて呼吸をしていない」「水の中で沈んでいた」という事例が一番大切なのですが、それ以外のケースでも!

 

よろしくお願いいたします。まわりの先生たちにも聞いてください。コメントに書いていただきたいのは、次の情報(だけ)です。コメントを書いた方は、ご自身のニックネームだけ入力してください。

 

1)起きた年(なくてもよいですけど、できる限り書いてください)

2)都道府県(これも、できる限り書いてください。1と2は複数の方から報告されているかもしれない事例を考慮に入れるためです)

3)そのお子さんの年齢(乳児だけでなく、幼児でも)

4)どうして(どうやって)異常に気づいた?

5)何をした?(救急要請、心肺蘇生など)

6)その他なんでも(気づいた時の子どもの様子、あなたの気持ち等)

 

よろしくお願いいたします。「救えた!」情報を流すことで、次の死亡を防ぐことができるかもしれません(防ぎたいと思います)。

 

掛札

コメント
1)今年
2)東京都
3)3歳児
4)プール内の段差に腰掛けてこれからプールに入るという時に水面を見つめながら、吸い込まれるように前のめりに倒れた。
4)監視係と担任の目の前で、水の中へ倒れていったので、その様子を目撃することができました。倒れた直後に抱き上げ、プールサイドに座らせ、意識の確認をしました。
5)意識もあり、熱などの体調悪化もなかったため、念のため日陰で休息をとらせました。
6)担任の話によると、プール内の段差に座らせた時はいつもと様子は変わらなかったそうです。子ども本人も何が起きたのかわからないようでした。プールの中で活動中にもし起きていたら・・・こんなにすぐに気づけたのだろうかと怖くなりました。
  • なっち
  • 2016/09/13 1:38 PM
1)平成23年

2)東京都

3)4歳児

4)午前の活動(公園までの移動中)他児と手つなぎをして歩  いていたら急に倒れた、意識(呼びかけに反応)がなかった  為、クラス担任が119番通報・保育園へ応援要請・近隣へ助  けを求める等行った。
  保育園から自分が駆け付けた際(3〜4分後)には意識(呼び  かけに反応なし)がなく呼吸も普段通りではなかった為、心  肺蘇生の必要があると思いAEDの使用と人口呼吸を行った  (胸骨圧迫は行っていない)AEDは反応せず人工呼吸を   行った後、咳こみと同時におう吐し顔色が良くなった。
  その直後救急隊が到着し緊急搬送された。

6)緊急搬送後、病院では特別な処置はされず(呼吸あり)熱  性けいれんとの事で4〜5日の入院で無事退院し、その後は  以前と変わりない生活をしていた。
  該当児は1才の頃熱性けいれんを起こしており、その後こ   の時まで発症していなかったが、担任がその事をしっかり把  握していなかった。
  自分はそれまでに上級救命講習を何度か受講(更新)してい  たが、胸骨圧迫よりも人工呼吸を優先して行ってしまった。
  結果大事には至らなかったが自分の対応が正しかったのか   (人工呼吸は不要だった?)未だに分からないが、この事件  を機に事故対応についてよりしっかりと対応しなければと痛  感しました。
  • おさる
  • 2016/09/26 4:08 PM
おさる先生、ありがとうございます。
「結果的に〜だった」というのは、話が終わって初めてわかることです。それも、結果的にそのお子さんが生きていたからわかったことですよね。後になって「人工呼吸は不要だった」とたとえ思ったとしても、それは、救急対応時にはそもそも医者でもわからないことです。その点において、おさる先生たちの対応は間違ってはいません。「その時にすべきことを、すべき通りにした」なのですから。
  • かけふだ
  • 2016/09/29 11:53 PM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2016/11/17 6:01 AM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM