保護者アンケートの使い方、フィードバックの方法

  • 2016.09.12 Monday
  • 08:18

サボコ先生、ごめんなさい! すっかり忘れておりました。催促してくださって感謝感謝です。

 

-----

うちの園では、昨年から、保護者参加の行事後に全員へのアンケートをすることにしました。それまでは、連絡ノートや学期末の個人面談などで行事、園全般、保育者についての意見や感想を言って下さる方もいたのですが、よほど言いたいことがある方だけ、という感じでしたので、より積極的に意見を聞いてみよう、といういきさつでした。いくつかの設問に対し、自由記述式にしています。

今のところ、解答率は6〜7割。そのうち半数以上は「良かったです」「楽しかった」というような内容ですが、中にははっきりと、まぁ、批判というか、否定的な内容もあります。

先生の著書の中にも、「保護者からの声はクレームではない、貴重な意見」とある通り、私たちもそう思ってはいます。しかし、あまりにも、、という内容のものは、どう受け止め、どう返したら良いのでしょう。

例えば、
*こちらで配慮するには限界のあるもの(運動会で近くの席にいた卒園生がうるさかった、とか)
*個人的な感情のもの(上の子の時のほうが、上手にできていた、とか)

また、フィードバックの仕方ですが、今は、いくつか内容をピックアップし、できるだけ、具体的な回答をし、これをおたよりにして全員に配っています。ピックアップする基準としては
*複数人から出ているもの
*保護者同士の気づきにつながるもの(時間を守らない人がいた、席取りや参加時のマナー、など) が中心です。

今のやり方に関して、そしてもっと有効に活用するにはどうしたら良いのか、アドバイスを頂けますか? よろしくお願い致します!

 

----

 

保護者アンケートをとる一つの理由は、改善点を探るためです。もうひとつは、「言いたいことを言ってもらうため」です。人間は「自分の考えや思いを言いたい生き物」。だから、「言葉に出せる場所をつくる」ことは大事。それが保育園の行事の後に実施する保護者アンケートの目的だと考えてください。「言いたいことを言ってもらうため」なので自由記述でよいわけですし、何もなければ何もないでいいということになります。「ああ、園は聞いてくれる」「発言させてくれる」ということなので。

 

では、集まった声に対してどうするか。行事の場合、考え方の柱は2つあると思います。

1)保護者のために行事をしている

2)子どもたちのために行事をしている

 

1)なら、保護者の都合や保護者の感情(「うちの子が恥ずかしい思いをした」「うちの子が負けた」など)に対応する必要があるでしょう。ひとつひとつの声に答えていく必要が出てくる。

2)なら、そうした必要はありません。そうではなく、「私たちの園では、こういう目的でこの行事をしています。子どもたちのいつもの姿、たくさんの人たちの前で緊張している姿も見ていただくことが目的です」とはっきり書いて終わりです。それでも、いろいろとおっしゃってくる保護者の方はいると思いますが、それは「先日お渡ししたお手紙の通りです」で終わらせます。保護者が自分の子どもに対して持つ感情に対してまで、園が責任を持つことはできませんし、私は、責任を持つべきでもないと考えます。

 

ただ、他人の迷惑になる行動だとみなせるのであれば、それは共通のルールとして伝えます。「見ている間は静かに」「撮影エリア以外で立ち上がらない」「他の人を押しのけたりしない」「駐車場では…」などです。事前に伝えておいてもルールに反する人はいます。その時は、その場ではっきり「〜しないでください」と伝えて(放送して)ください。後で伝えても「あの時は…」と言い訳が出てくるだけです。その場ではっきり言うことで、他の保護者も「園は公平だ」という印象を持つでしょう。

 

まずは、こんなお答えでいかがでしょうか?

コメント
掛札先生
ありがとうございます
スレッド、立てて頂いたその日に!チェックしておりましたよー!(^_^)
バタバタしておりすぐにコメントをお返しできず、申し訳ありません。

考え方の2つの柱、、
大納得でした。
誰のための行事なのか、、そうです、
そうですよね!!

保護者から、色々な(特にマイナスな感じの)反応が出ると、ついついそれに振り回されてしまいそうになります、、。

でも、園の考え、価値観、保育観をしっかりと持つ。
そしてそのためにはみんなで日々振り返り、話すこと、確かめ合うことが欠かせない、と改めて思いました。

大切なのは、子どもたち。
他の職員にも伝えていきます!

そして、、後半の部分。
今、大きな行事を控えているのですが、毎年マナー、ルールの違反が問題になります。
でも、きちんと伝える、対応すること、それによって園は公平だ、と信頼してもらえるようにしたいです。

私、先生には、いつも「勇気」を頂いています。
先生のコメントを読むと、背中を押されるような感覚になるんです。

それで、私が動いて、、色々職員に働きかけて、とやってきたら、
なんか、うちの園の職員の意識がちょっと変わってきたような感じがします。
もちろん個人差はあります。
でも、
色々意見が出るようになったし、話し合いの雰囲気もちょっと変わってきたような、気がします。

掛札先生、いつも、ありがとうございます!
(あー、もう、これしか言葉が見つからない自分、はがゆい!)
  • サボコ
  • 2016/09/15 10:19 PM
サボコ先生、

自信をもって保育・教育をしていれば、わかる保護者はわかります。わからない保護者は何を言っても、何をしてもわからない。いいんです、それで。大切なのは、「うちの園はしっかり考えて、しっかり取り組んでいる!」と思ってくれる味方を、もっと強い味方にしていくことです。

だから、ルール違反はその場で指摘します。保護者は怒るかもしれない。いいんですよ。まわりの「味方」は「お、ちゃんと言ってくれた」と思いますから。そっちが大事なんです。もちろん、「やめてください!」ではなく、「やめていただけますか」です。ものは言い方。
  • かけふだいつみ
  • 2016/09/16 9:34 AM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM