暑さについて

  • 2019.08.12 Monday
  • 22:55

 まずは、明日からまた問題になるであろう「暑さ」について、です。他のご質問の方、本当にごめんなさい。もう少々お待ちください。

 

1)なえ先生から「暑さ指数を下げるために、ミストを使用したり、打ち水をして、暑さ指数を下げてまで、プールにする必要があるのでしょうか」。

 

2)すう先生から「水をまいたり、日陰をつくったりすることで、市内の観測地点のWBGT指数よりも園のWBGT指数のほうが若干、低くなる。それならプールや水遊びをしてもいいのではないかと言われるのだが、どうか。市の観測地点をもとに、市からは注意のメール等が来るのだが」。

 

3)tiny先生から「実測で暑さ指数が『危険』なら戸外遊びは中止としているが、水をまけばよいだろうと責任者が判断して、クラスが遊んでいた。保護者にも『計測は水をまいた直後に行う』と掲示している。自園に近い観測地点が『危険』でも、一時的に自園の環境が下がればいいという判断だが、これでいいのだろうか」。

 

4)下の「暑さ2題」にkana先生から「寒気」についてコメントをさらにいただきました。kana先生、ありがとうございます。体温調節機能が変調をきたすのでしょうね…。

 

ーーー

 では、お答え。というか、お答えにはならないと思いますが。

 

 掛札に書けることは、8−2の内容だけです。実際、「熱中症とみられる症状で子どもが搬送された」という園からの報告も聞いていますが、命には別状がないのでしょう、ニュースにもなりませんし(「園児を熱中症で搬送」というニュースはない。事実は起きているのに)、私が詳細を書くことも当然できません。

 

 私に書けることは、8−2の本文の最後、「『子どもが遊びたがるから』で死んだら?」以上にはありません。人間には「楽観バイアス」があります。「私たちの園は大丈夫」、そう思わなかったら保育なんてできるか!という状況なのはわかります。でも…。私と同じようにひどく心配している先生たちの園で、熱中症による死亡事故(やプールの水死←熱中症が原因で倒れたのかもしれない)が起きた時、ひどく心配している先生たちの心はもちろん、「きっと大丈夫」と進めた先生たちの心もつぶれるのが予想されるだけに、どうしていいのか、まったくわかりません。地球は暑くなっていますから、状況は悪化します。今年でなくても、いつか間違いなく、園でお子さんが熱中症で亡くなります。それまで、皆さんが(私も)心配しながら夏を過ごすのかと思うと…。

 

1)なえ先生、そう考える先生もいるでしょう。人間の「価値とリスクの判断」には一人ひとり、大きな差があります。

 

2)すう先生、観測地点よりも自園のほうがWBGTが低くなるというのは珍しいように思いますが、それは逆に、市に訊いたほうがいいと思います。市は、市の観測地点を元に話をしているわけで、実際に事故が起きた時には「どうして?」と言われるでしょう。その時に説明しても遅いですから、「私たちの園はこうなのですが」と、毎日の実測値を市の保育課に示してみてください。

 

3)tiny先生、8−2に書きましたが、「それでよい」と言う保護者の子どもは良い、とみなすしかないかもしれません。だから、「屋外活動カード」のようなものを作って「うちの子どもは、園の判断基準を下回ったら外へ出していい」と表明してもらうべきなのです。「心配だな」と思っている保護者はカードに丸をつけない、という消極的意思表明ができるのです。

 ただ、「厳重注意なら大丈夫」と書いていらっしゃるようにお見受けするのですが、下の項に書いた通り、救急医学会は「厳重注意でも、子どもの外活動は原則中止」としています。「それでも、『危険』ではないのだから、外遊びをする」と園が言うなら、それはそれまでです。私に言えることは。

 

 以上、「そもそもプール活動自体をするの?」という部分(1−7の後半)は不問に付して、暑さに関してだけお答えしました。暑さの中で、通常よりも体力を消耗するとわかっているにもかかわらず、どうして外遊びをさせようとするのか、私には理解ができません。8−2に書いた通り、気温が体温に近づけば体温調節は(おとなでも)できず、熱中症になります。一方、気温を28度かそれ以下に下げた室内で活動すれば、汗もかき、体温調節もできます。子どもの発達にとってはそれで十分です。「夏ならではの遊び」とか「夏はプール」「外で汗をかかなければ」といった「これまではそうだったのだから」では、急速に変化しつつある地球の気候のもとで子どもを守ることはできないのですが…。

 

 お答えになっていませんが、以上です。

コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2019/08/14 8:57 PM
掛札逸美様

お忙しい所、アドバイスありがとうございました。
園長先生にも相談した所、市のWBGTには絶対に従わなければいけないと職員に話して下さり、職員へも何度も伝えることで、大分理解が進んできたように思います。
最近は涼しくなってしまい、プールに入れることがなくなってしまったので、また来年度に計測し、低いことが多ければ市役所に報告しようと思います。
ずっと一人で悩んでいたので、アドバイスとてもありがたかったです。本当にありがとうございました。
また何かありましたら、ご質問させて下さい。
  • 鈴木
  • 2019/08/23 4:58 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM