保育園看護師の立ち位置について。冷房設定温度

  • 2018.08.08 Wednesday
  • 22:01

猛暑の中、毎日のように外でプールをしている保育園がまだ多数あるようで、頭を抱えているかけふだです。暑さを保護者が心配してプールカードをバツにしたのに、「体調がよさそうだったので入れました!」という例も…。いやはや…。

 

0)下の「行事の3日前に中止を決定」にもコメントをいただきました。

 

1)先日お尋ねいただいた「次亜塩素酸ではなく、キッチンハイターによる嘔吐物の処理等」については、少々お待ちください。あ、どなたでも書いてください! 園の場合、次亜塩素酸ではなく、キッチンハイターでもよいのでしょうか? 泡キッチンハイターはダメというのは、ここにありますが…。

 

2)うみ先生からお尋ねです。

---

冷房の設定温度について質問があります。
当園は、シャワーの後、部屋のエアコンは付けておらず、扇風機だけで正直暑いです。前の園長の教えでそうなっているのですが…。設定温度を上げて付けていても問題はないでしょうか。子どもにとってのシャワーの後の快適空間がわからなくなってしまいました…。

---

「熱中症」特集のあちこちに書いた通りですが、室温が30度よりもずっと上回っていたら、人間の生存に適した環境ではありません(保育室の中は湿度も高いですし)。ぜひ、室温を測ってください。「シャワーの後に冷たい部屋に入ったら…」というご心配なのだと思いますから、室温を29〜30度にして(設定温度ではなく測定した室温)おいて、その後、28度にしてはいかがでしょうか。ただ、「熱中症」特集にも書きましたが、室温を28度にしたら、動きまわっている先生たちには暑いと感じられると思います。扇風機やサーキュレーターを使って、冷気が下にたまらないよう、なおかつ先生たちが涼しく感じられるようにしてはいかがでしょうか。

 どなたか、シャワー後の室温について、「こういうふうにしているよ!」を教えてくださいませ。

 

3)保育園における看護師さんの立ち位置について、R先生からお尋ねをいただきました。はい! 園長先生、保育園看護師の皆さん、どうぞ、ご意見、体験、アドバイスをお願いいたします!!

----

保育園看護師になってまだ数年です。

乳児クラスの担任に、この猛暑の中、遮光テントはあっても裸足では危険!と火傷についての文献をふまえて話しましたが、「現場をわからないのに理想ばかりいわないでほしい」。
また、睡眠チェックについても「仰向けにしたら子どもが起きる。私たちの連絡帳を書くのも大事な仕事。看護師にはわからない」との返事でした。
園長には報告しましたが…。子ども達の為、間違った考え方に負けるつもりはありませんが長い道のりになりそうです。このようなベテラン保育者の方たちには、どのように伝えていけばいいのでしょうか?

 

コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2018/08/09 1:15 PM
保育園ナース4年目です。
一人職種であり、立ち位置は常に悩み続けています。

私が心がけていることは、日々のコミュニケーションを大事にすることです。
毎朝クラスを回って、出席確認と体調や連絡帳の確認をしています。年度初めは、0歳児の保育に入って、子どもたちの様子を一緒に見ます。寝かしつけもするので、自分が仰向けにしたり声をかけてやってもらいます。せっかく寝たのに…という顔をする先生もいますが気にしません。

普段も、保育室にいって子どもと遊んだり、子どもの様子を保育士さんと話したりしています。
先生方の体調管理も大切なことなので、様子を見て声をかけたり、本人や家族の体調面などの相談にも乗っています。

うちの園は長期在職の先生が多く、着任当初はかなりアウェー感を感じていましたが、今では業務の話も雑談もできる関係が築けています。

まずは保育士の先生方の仕事を理解すること、看護師の役割を理解してもらうことが大切かなと思います。勝ち負けで考えるより、自分は保育士さんの味方であると考えた方がいいと思います。逆に、いかに保育士さんを味方につけて、自分の仕事を果たしていくかも重要だと思います。
一人職種だからこそ、周りを味方につけてお互い頑張りましょう!
  • hiyoko
  • 2018/08/16 4:51 PM
保育園看護師9年目になります。

看護師が保育園で働く上で一番大切な事は、私たちの仕事を遂行するために、まずは保育士さんからの理解と協力を得る事だと思います。(多職種も同様、一人でも多くの味方を作る事)

そのために、自分がどれだけ現場保育士さんの状況を理解し、伝わらない根本原因が何なのか?を考えて行動する事ができるか?が全てではないかと思います。

現場の保育士さんは看護師の話を聞きたくないと思っているのではなく、まずは、自分たちのありのままの保育を認めて頂きたいと思っているのでは?(精一杯頑張っている)

勿論、結果として認められない現状はあるのですが、例えば睡眠チェックなら、さり気な〜くクラスに入って、「先生、いつも大変なのに、睡眠チェックありがとうございます。記録とか大変ですよね・・何とかなると良いですね・・。」と伝えつつ

○○ちゃん、うつ伏せ危ないので、仰向きにしてもいいですか?先生はそのまま連絡帳を書いていて下さい。と言いながら、お子さまが深い眠りに入るタイミング(寝初めから10分後位かなぁ・・)でひっくり返して行きます。

そのかわり、もしそこでお子さまを起こしてしまったら、その時は、お子さまの寝かしつけは最後まで自分が責任を持つ。そして、保育士さんが言う現状を体感し、保育士さんを理解する時間にしてみて下さい。

保育の先生は仰向きにするのが嫌なのではなくて、お子さまが起きる事で他の仕事の手が止まる事が嫌なだけなんです。

看護師がめげずにこれを継続していると、そのうち誰かが一緒やり始め、知らないうちに色んな保育の先生が自然と体位変換を行って下さる様になります。そして、意外とそれが普通の事に変わって行きます。

少し時間はかかりますが、絶対に現場は変わります。そして、看護師への信頼もアップします。

言葉だけで伝えるのではなく、一緒に行動しながら自然な形で保育の先生の意識を変えていけるよう、こちらが優しく根気よく関わっていく事が一番の早道の様に思います。

<山本五十六の名言です>
やってみせて、言って聞かせて、やらせてみて、 ほめてやらねば人は動かじ。
話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず。
やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず。


猛暑の裸足も同様、保育士さんが裸足にこだわりたいのであれば、裸足で歩く場所に先に水を撒いて地面を冷やしておく。

これならOKという妥協点をこちらから提案し、一緒に答えを考える。

勿論、火傷の危険があるから対策したい、という前提で安全の選択を最優先に考えないといけないと思いますが。
(裸足で歩く地面の状況がよくわからなかったので、砂地の園庭を想像して書いています。アスファルトか人工芝か?によっても変わりますね)

現場と一緒に考える上で、ここだけは譲れないという内容に関しては、何が危険かをはっきり伝えて理解してもらう、必要な時は、躊躇せず上司の力を借りて代弁して頂く事も一つの方法だと思います。

そんなこんなで、今、私は保育園生活が9年目になりました。何年経っても仕事の悩みはつきものです。偉そうなことは言えませんが、自分が通ってきた悩みに関しては、少なからず体験談としてお伝えする事はできます。少しでも参考にして頂ければと思います。
  • マツゴロウ
  • 2018/08/19 1:00 PM
R先生のご意見、痛いほどわかります。
2年目の保育園看護師ですが、一人職場ですし、言いづらいことをお伝えする立場ですので、どうしても対立構造になりやすかったりして…特に、長くお勤めの方がいらっしゃると大変ですよね。私の経験上、やらなくてはいけないことを一気にやろうとするとものすごい反動があります。(看護師と保育士は考え方からしてものすごい乖離がありますし)まずは、今年はこれ!と決めたことをスモールステップでされてはいかがでしょうか?私は、「こうしてください。」より「これはこうしてらっしゃいますが(現状確認)、それだと、こうなることがあって(根拠あるよアピール)そうなると危ない(先生たちを思ってなのよ)ので、改善したいんです(これは強く言う)が、どう思われますか?」を粘り強く言うようにしています。しかも、管理職の意見が上乗せされれば効果はばつぐんに上がるので、まずは管理職の先生を巻き込むようにしています。なんなら管理職の先生のお力を借りて言ってもらったり。病院とは違い、なかなか思うようなコミュニケ―ションがとれなかったりして本当に大変ですが、一緒に頑張りましょう。
  • アキ
  • 2018/08/20 11:16 AM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM