散歩の安全(マダニ)

  • 2018.06.15 Friday
  • 09:55

ナカ先生からお尋ねです。

 

散歩の安全について、最近とても悩んでいることがあります。
園庭は草場がないので、虫や草花との出会いを求めてすぐ近く(子どもたちと歩いて5分)の川沿いの遊歩道の草はらに通っています。園から近いですし、自然との関わりが持てて良いなと思っていたのですが、ある日「ここで遊ぶのがダメってわけじゃないんだけど、、マダニがいるから気をつけてね」と通りかかり(・・というか、おそらくその草はらに自分の好きな草花を植えている近所の人だと思います。)に言われました。(なので、「その草はらで遊んで欲しくない」という気持ちでおっしゃった可能性もあります。)

マダニ、、本当にそこに生息しているのかどうかは分かりませんが、調べれば調べるほど怖いです。その対策としては、長袖長ズボン、靴下などで対策すれば、草はらで遊んで良いものなのでしょうか。

“草はらで遊ぶ”という、いたって“普通”な戸外での活動ですが、場所によってみなさんは服装などの配慮をなさっているのでしょうか?(すべきなのでしょうか?)

 

------

マダニ、川原にも十分いますよ。ライム病も媒介しますし、「最新情報」に載せた通り、急性の麻痺も起こるようです。

こちらに、わかりやすい資料がありました(国立感染症研究所)。注意や予防法はこの資料に書いてある通りです。気象変動のせいか、マダニ被害は増えているようですし。

 

ただ、外へ遊びに行くという価値を考えれば、「行かない」ということはないと私は思います。ただ、草むらへ行くのに半袖半ズボンというのはそもそも間違いなので、長袖長ズボンは当然かと。「長袖長ズボンではとても暑い」という日に川原の草むらに行くのは、(熱中症予防上)誤りでしょうし。

 

世の中に「いいこと(価値)」しかない状況やモノはありません。「いいこと(価値)」があったら「リスク」もあるのです。保護者には、「〜なので、遊歩道へ行きます。蚊やマダニなどの危険もありますので、このような予防方法を取ります」というリスク・コミュニケーションをしてください(「コミュニケーションに関するトピックス」のB−1にあるようなもの)。「遊歩道の草むらで遊ぶことは価値なのだ」と保護者が理解すれば、リスクも理解するはずです。「蚊もダメ。マダニなんてとんでもない!」という保護者がいたら、「では、〇〇さんのお子さんは、お散歩に行かず、園内で過ごすということでよろしゅうございますか?」と確認するしかないでしょう。それでも無理にその子を連れていくことはお勧めしませんし、人間、価値とリスクをきちんと提示されて、価値がある認めれば、リスクは積極的にとるものなので(個人差はありますし、リスクにもよりますが)。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM