てんかん発作がある子どもの坐薬使用について

  • 2017.10.09 Monday
  • 12:49

スナフキン先生、はな先生(先日、コメントをくださったはな先生とは別の、はな先生ですね)、コメントありがとうございます! 読ませていただきました (^^)v

 

2つ下で、じゅんころりん先生が坐薬の件をお尋ねになっておりました。てんかん発作のあるお子さんについて、次のような文書が出ていますので、ご参考まで。これはあくまても「てんかん発作のあるお子さん」のことですが…。あれ? ということは、この4条件がそろわない場合は、園で坐薬を使ってはいけないということになるのかな…。

「教育・保育施設等におけるてんかん発作時の坐薬挿入に係る医師法第 17 条の 解釈について」

 

コメント
現在、てんかん発作を所内で起こしたお子さんをお預かりしています。薬の投薬は基本はしていませんが、数回にわたり発作があったため、現在はてんかんを予防する薬を与薬しています。医師からの指導のもと個別支援という配慮です。
それ以来は、体調も良好で発作は治まりました。
熱性けいれんのお子さんは、保護者が到着後すぐに挿入できるように冷蔵にてお預かりしている状況です。
挿入は必ず保護者にお願いしています。
エピペンは、現在お預かりするお子さんはいません。
ホクナリン・薬ともに廃止のご協力をいただいていますが『てんかん』のお子さんに関しては、てんかん発作が幾度もあった場合に看護師・保育士がかかりきりになるため、他のお子さんの保育や安全を守る視点で行っています。
  • スナフキン
  • 2017/10/12 12:12 AM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2017/10/15 12:53 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM