スーパーボール、ぷよぷよボール(ジェリーボール)

  • 2017.07.24 Monday
  • 21:52

Mickey先生から、ご質問をいただきました。

-----

先日の研修会で、スーパーボールの危険性についてのお話があり、私の園でも夏祭りで「すくい遊び」の中にスーパーボールが入るという事で、のけてもらうよう話しました。ですが、話をした次の日には納品という事で、検討はしてくださったものの、今年の対応は難しいという事でした。立札や注意喚起することで対応するとのことです。来年度に向けては対応していけるようにしたいとの事です。


この時、夏まつりでは飴すくいもあるので、アメもいけないのではないか?と言われたようですが、どのように対応していけばよいか教えてください。また、研修で勧めていただいたぷよぷよボールですが、すごくきれいですが、やはり口に入れてしまいそうだと感じたのですが、その辺りはどうなのでしょうか?

-----

 

お答えします。

スーパーボールは、とにかく家庭での死亡事例もあり、保育園でいつ起きてもおかしくありません。このページの「イチゴのトントンおままごと」の下、またさらに下にも「傷害速報」の事例があります(リンク先のページの下のほうにあるPDFを見てください)。

http://daycaresafety.org/topics_acc_ingestion.html

 

すでに買ってしまっているのであれば、今年に関しては、1)保育者、保護者が見ているところですくう、2)口には絶対に入れさせない、3)そして、すくったボールは戻し、絶対に家に持って帰らせない、を徹底してください。

 

「飴すくい」ですが、飴ももちろん危険です。飴は、口の中に入れた状態で子どもが動き回る前提ですよね。他のお菓子と違って、「飴が溶けるまで、じっと座っていなさい」とは言えません。ということは、飴を口の中に入れた状態で歩き回り、急に笑い出したり、つまずいたり、驚かされたりしたら、「んぐ」と詰まる可能性は十分あります。米国の統計では、子どもが窒息で救急搬送される食べ物のトップのひとつが、硬いアメです。

「傷害速報」の中に、タバコ型菓子を食べて歩きまわっていて転び、詰まって亡くなった事故がこちらにあります。つまずいた衝撃で十分、窒息し、出なければこのお子さんのように亡くなります。「詰まっても、きっと出るだろう」は、希望的観測にすぎません。

http://daycaresafety.org/topics_choking.html#sokuho

 

こちらの報告書の食べ物の誤嚥でも、アメは出てきます。

(「安全に関するトピックス」の5−3、公益財団法人兵庫県保育協会さんと作った事例集)

https://www.hyogo-hoikukyokai.or.jp/pdf/hoikusyo_risk.pdf

「じゃあ、園ではすくうだけで、家に持って帰ればいい」…? それでは、スーパーボールすくいと一緒ですね。「園からもらって帰ってきたアメで窒息死した」、保育園としてこれは受け入れられるリスクでしょうか。

 

ぷよぷよボール(または、ジェリーボール。吸水ポリマーでできたもの。水を吸うとふくらむ)は、水を含んだものをさわってみましたか? かなりもろいです。確かにこれだって、口に入れて絶対安全!とは言えません。でも、スーパーボールよりは「ずっとマシ」です。どうしても「スーパーボールすくい」をしたいなら「ぷよぷよボールすくい」にしたほうがいいですよということであって、「ぷよぷよボールすくいをしてください」とは、私は言っていません。小さいプラスチックの金魚を浮かべて「金魚すくい」をしてもいいわけですから…。

 

そして、その時にもお話ししましたが、ぷよぷよボールの乾いた状態のものを子どもが口に入れると、体内で水を吸ってふくらむのできわめて危険です。

http://daycaresafety.org/topics_choking.html#expandable

 

いかがでしょうか。

 

かけふだ

コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2017/07/30 9:02 AM
Mickey先生からお返事をいただきました。

会議で職員全体にお伝えになり、スーパーボールとイチゴのとんとんおままごとの事故報告書をコピーして見せてくださったそうです。スーパーボールについては、保護者会の方たちともう一度お話しなさって、園が少し負担することでスーパーボールは変更になったそうです。…ありがとうございます!

「そんな事故が起きるわけないし…」で済ませるのは簡単ですが、起きた時の「やめとけばよかった…」は深刻です。私も決して不可能なことは言いませんし、事例報告やニュースになっている限られた危険のことしか申し上げません。事故で子どもが亡くなること自体を防ぐことはできませんが、亡くなっていることがわかっているもので再び…ということだけは、できる限り減らしていくお手伝いをしたいと思います。
  • かけふだいつみ
  • 2017/07/30 7:41 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM