降園時の園庭遊びについて

  • 2019.09.23 Monday
  • 17:50

X先生とクマ先生からお返事をいただいたので、(お返事の内容は出さずに)私のお返事を書きました。2つ下、8月24日の投稿分です。一つ下にもコメント、ありがとうございます。お返事しました。

 

(これで8月末までにいただいた質問、コメントにはお答えし終わりました! 今日の時点であと4つ、お尋ねをいただいていて、うち2つは台風関係。台風に関しては9月15日に加筆したこちらもお読みください。)
ーーー

 

 そして、Kasu先生からのお尋ねです。夕方の時間、16〜17時の延長保育を外ですることについて、どうか?という内容。特に、「降園する子や保護者の把握が難しい」とのことです。

 

 降園する親子と、まだ保育中の子どもたちが園庭で混ざることのリスクですよね。その話だと思って書きます。書いていらっしゃる状況からすると、園庭で遊んでいる子どもたちと、降園する親子が混ざるように認識しました。とするなら、危険です。

 

1)保護者対応をしている職員は、他の子どもを見ることができない。でも、園庭にいるから「見ているつもり」になる。危険。

2)保護者が園庭にいるのだから見ているだろう、になる。実際には、皆さんご存知の通り、保護者は見ていないことが多い。危険。

3)帰る親子にくっついて出ていってしまう(他の)子どもがいる危険性が高い。

 

 昼食前や午睡後に遊んでいる時は、「遊んでいる子どもたち」だけですから、先生たちの注意の払い方は1種類で済みます。ここに「保護者がいる」という要因が加わり、注意の払い方が2種類必要になります。保護者との会話に没頭してしまうことも往々にしてあります。さらに、「降園時、自分の親がいることで保育時間中とは行動が異なる子どもがいる」ことによって、注意の払い方が3種類、必要になります。私は、この状況で園庭遊びさせることはお勧めしません。

 

 では、降園する親子は園庭とはまったく無関係な所を通る場合は? 降園が多い時間帯に園庭遊びをすることは、もともと私は賛成しません。職員が保護者対応をしていて、手をとられているからです。これは、登園時も同じです。先生方が、子どもの活動にのみ集中できる時間帯に園庭遊びをさせる、それだけでは不十分なのでしょうか。

 

 ちなみに、園庭で保護者が子どもを遊ばせていることもあります。これはいっそう危険です。これについては、「コミュニケーションのトピックス」のB−1に「送迎時に園庭で遊ばせない。安全は保護者の責任」があります。

警報翌日の園外保育 & 暑さについて

  • 2019.09.16 Monday
  • 14:14

マーちゃん先生、けい先生、tiny先生からのお尋ねです。たっきー先生、「ありがとう」コメント、ありがとうございます! これで、8月24日まで追いつきました。台風がらみのご質問が多いことに今、気づいたので、速攻、お返事を書きます! まずは下にもリンクを貼ってありますが、8−3(後半の加筆部分)、それに付随する8−1をお読みくださいませ〜。

 

まずは、マーちゃん先生からです。すごく遅くなってしまってごめんなさい! 

 

ーーお尋ねの要点は以下の通りですーー

 夏休み、年長児が園外施設に行き、山登りや沢登りをする。今年は前夜が大雨警報、土砂災害警戒情報、市内は避難勧告。でも、翌朝の天気予報は晴れで、実際に快晴。その施設からは「朝の時点で警報が出ていなければ大丈夫、朝の判断」と言われた。
 その翌日に合宿に連れていったのは、正解だったのか? 園の判断基準の一つに、「中止にしたら保護者からクレームが来る!」という点があり、その判断基準はおかしいと(掛札の講義から私は)確信していた。
 もちろん、沢登りも山歩きも変更して最低限の危険は施設の職員さんと相談して避けたが、結果オーライでよかったものなのか。

 

ーーお答えですーー

1)今回に関しては、施設側が「朝の時点で警報が出ていなければ大丈夫」と言った(=責任の一端を背負った)ので、まあ、それは良しとするべきかと。施設側が「ダメ」と言ったら、園も中止するでしょうし…(しないかな?? いや、すると思いたい…)。あ、施設側が「大丈夫」と言った、その記録は絶対に残しておくべきです。あとで「そんなこと、言ってません」と言われかねないので。

 

2)とはいえ、ここ数年の雨は過去のものとは違いますので、警戒情報が出ていなくても、増水や土砂崩れが起こるリスクはゼロではありません。川遊びをしなければ増水は関係ないかもしれませんが、土砂崩れはわかりません。

 

3)1も2も、最終的な判断基準にはなりませんね…。では、どうするか。鍵になるのは「中止にしたら保護者からクレームが来る!」という部分です。その通りです、わかります。でも、ここで重要なのは、常にこの逆を考えなければいけないという点です。ちょうど「8−3」を加筆したので、そこにもまたちょっと書き足しますが、これはすでに「1−2」の例5(最近加筆分)にも書いた内容です。人間は自分が責められたり、批判されたりするのがいやなのですが、その逆にいる「自分(たち)に同意する人たち」の存在は忘れがちです。
 つまり、保護者の中には、愛媛県西条市で起きた死亡事故のようなことを知っていて、「昨日があんなだったのに、川に行くんだ。心配…」という人がいるはずなのです。この人たちは当然、「きっと大丈夫だろう」という感情も持っているので、事前にわざわざ「今日、本当に行くんですか?」とは言わないでしょう(ただし、重大事故が起きたら、「心配」と思わなかった人たちも一緒になって「危ないと思っていた!」と言うはずです)。この「心配している保護者たち」を無視することはきわめて危険です。
 ですから、前日の段階で「施設はこのように言っており、晴れの予報ですから実施の予定でいますが、心配な親御さんのお子さんは園で過ごします。(お弁当はお持ちください。)」と掲示と一斉メールで伝えておくべきでしょう。もちろん、「右へならえ」のこの文化ですから、心配だと思っていても「うちの子は行かせません」と言う保護者は少ない(いない)でしょう。でも、「選択肢を出して、選んでもらった」ということにはなり、保護者も「園におまかせ」の態度を減らしていくかもしれません。
 発熱や体調不良であれ、災害であれ、保護者が自分で決められないのでは…です。保護者はいろいろな考えと要求を持っています。園にできることは、「できること」「できないこと」「すること」「しないこと」をきっちり切り分け、保護者に伝え、選択肢の範囲内で保護者に選ばせること、です。

 同じことは、暑い時期の「屋外活動カード」についても言えることです。「園の暑さ基準は緩すぎる、うちの子は出してほしくない」という保護者はいるのですから、その声を無視するのは危険です。
 いかがでしょうか。

 

ーーーー

 続いて、tiny先生とけい先生、コメント、ありがとうございます。お2人の内容がかなり似ていて、混ぜるとプライバシーの保護のためにも良さそうなので、まとめて。どの内容がどちらの先生に向けて書いていることかは、ご本人にはおわかりになると思います。

 

 はい、どこの園も「暑さ」や「危なさの判断」をめぐっては、いつもいつも大変です…。

 先生たちの園は暑さ指数が「危険」でなければいいということになったのですね。指数計をコンクリの日向に出して「暑くなりすぎるから」はないですよ。だって、それが子どもたちが感じている現実なのですから。まあ、それを言っても無理ですね、「とにかく外へ出すことが大事」と思っている先生たちには。しかし、指数計をしまい込んで、その場所の値を使うというのは…、いやはや。その先生はリスクの深刻さを理解していないとかではなくて、それ以前です。都合の悪いことは見ないようにする、見えないようにする、というのでは「他人の子どもの命を仕事として預かるプロ」として失格ですよね。

 

 「1−1.気づき」にもチラッと書きましたが、人のリスク感覚はまったく違います。楽観バイアス(「私(たち)には悪いことは起きない」と感じる認知の歪み)の程度も、人によってまったく違います。何を危ないと思い、何を大丈夫と感じるかは、人によって違うのです。それは重要な多様性であり、たとえば特に、「なんでもさせてあげよう!」という保育士さんの仕事においては楽観バイアスがある程度、強いというのは価値でもあるのです。一方、看護師さんたちの場合、個人の楽観バイアスの程度とは別に、職業上(医療現場で働いたことがあれば)、「命の危険がある」という予測は持ちやすいのです(看護師や医師以外で、「これは死ぬかも」と平静に考えられる人はなかなかいません。看護師さんの価値については、拙著『子どもの命の守り方』に書きました)。

 

 自分のクラスはある程度、「外へ出す」「出さない」を決められても、他のクラスには口出しできないと思います。力関係もありますから。でも、一応、「こういうことだとは思います」と伝えて(うちのサイトでもなんでも)、「それでも外へ出すなら、私にはどうしようもない」と線引きするしかありません。「こういうことだと思いますから、私のクラスはこうします」と伝えておかないと、もし万が一、他のクラスで重大なことが起きた時に「言っておけばよかった」というよけいな後悔が生まれるからです。もちろん、言っておいても後悔はすると思いますが、言っておかないよりは良いと思います。

 

 保護者のリスク意識も楽観バイアスも、人によってまったく違います。上の答えにも書きましたが、心配している先生たちと同じように感じている保護者もいるのだということは、しっかり頭に入れておきましょう。人間は文句を言われるのがいやなので、文句を言ってくる人(たいていは、「外遊びさせて」「災害でも預かって」の側)の利益に傾いてしまいます。でも、実際には「遊ばせないほうがいいですよね」「私も仕事を休みにして、子どもと家で過ごしますね」という保護者もいる、そちらとしっかり手をつないでいきましょう。

 

 私の悲観的すぎる予測だという希望を持って書いておきますが、来年が昨年の夏のように長期にわたって暑かったら、東京オリンピックではかなり大変なことが起きるでしょう(なんだかんだ言って、今年の夏は、8月しか暑くなかったのです)。そうなったら、この社会もさすがに「学ぶ」のかもしれません。

暑さについて

  • 2019.08.12 Monday
  • 22:55

 まずは、明日からまた問題になるであろう「暑さ」について、です。他のご質問の方、本当にごめんなさい。もう少々お待ちください。

 

1)なえ先生から「暑さ指数を下げるために、ミストを使用したり、打ち水をして、暑さ指数を下げてまで、プールにする必要があるのでしょうか」。

 

2)すう先生から「水をまいたり、日陰をつくったりすることで、市内の観測地点のWBGT指数よりも園のWBGT指数のほうが若干、低くなる。それならプールや水遊びをしてもいいのではないかと言われるのだが、どうか。市の観測地点をもとに、市からは注意のメール等が来るのだが」。

 

3)tiny先生から「実測で暑さ指数が『危険』なら戸外遊びは中止としているが、水をまけばよいだろうと責任者が判断して、クラスが遊んでいた。保護者にも『計測は水をまいた直後に行う』と掲示している。自園に近い観測地点が『危険』でも、一時的に自園の環境が下がればいいという判断だが、これでいいのだろうか」。

 

4)下の「暑さ2題」にkana先生から「寒気」についてコメントをさらにいただきました。kana先生、ありがとうございます。体温調節機能が変調をきたすのでしょうね…。

 

ーーー

 では、お答え。というか、お答えにはならないと思いますが。

 

 掛札に書けることは、8−2の内容だけです。実際、「熱中症とみられる症状で子どもが搬送された」という園からの報告も聞いていますが、命には別状がないのでしょう、ニュースにもなりませんし(「園児を熱中症で搬送」というニュースはない。事実は起きているのに)、私が詳細を書くことも当然できません。

 

 私に書けることは、8−2の本文の最後、「『子どもが遊びたがるから』で死んだら?」以上にはありません。人間には「楽観バイアス」があります。「私たちの園は大丈夫」、そう思わなかったら保育なんてできるか!という状況なのはわかります。でも…。私と同じようにひどく心配している先生たちの園で、熱中症による死亡事故(やプールの水死←熱中症が原因で倒れたのかもしれない)が起きた時、ひどく心配している先生たちの心はもちろん、「きっと大丈夫」と進めた先生たちの心もつぶれるのが予想されるだけに、どうしていいのか、まったくわかりません。地球は暑くなっていますから、状況は悪化します。今年でなくても、いつか間違いなく、園でお子さんが熱中症で亡くなります。それまで、皆さんが(私も)心配しながら夏を過ごすのかと思うと…。

 

1)なえ先生、そう考える先生もいるでしょう。人間の「価値とリスクの判断」には一人ひとり、大きな差があります。

 

2)すう先生、観測地点よりも自園のほうがWBGTが低くなるというのは珍しいように思いますが、それは逆に、市に訊いたほうがいいと思います。市は、市の観測地点を元に話をしているわけで、実際に事故が起きた時には「どうして?」と言われるでしょう。その時に説明しても遅いですから、「私たちの園はこうなのですが」と、毎日の実測値を市の保育課に示してみてください。

 

3)tiny先生、8−2に書きましたが、「それでよい」と言う保護者の子どもは良い、とみなすしかないかもしれません。だから、「屋外活動カード」のようなものを作って「うちの子どもは、園の判断基準を下回ったら外へ出していい」と表明してもらうべきなのです。「心配だな」と思っている保護者はカードに丸をつけない、という消極的意思表明ができるのです。

 ただ、「厳重注意なら大丈夫」と書いていらっしゃるようにお見受けするのですが、下の項に書いた通り、救急医学会は「厳重注意でも、子どもの外活動は原則中止」としています。「それでも、『危険』ではないのだから、外遊びをする」と園が言うなら、それはそれまでです。私に言えることは。

 

 以上、「そもそもプール活動自体をするの?」という部分(1−7の後半)は不問に付して、暑さに関してだけお答えしました。暑さの中で、通常よりも体力を消耗するとわかっているにもかかわらず、どうして外遊びをさせようとするのか、私には理解ができません。8−2に書いた通り、気温が体温に近づけば体温調節は(おとなでも)できず、熱中症になります。一方、気温を28度かそれ以下に下げた室内で活動すれば、汗もかき、体温調節もできます。子どもの発達にとってはそれで十分です。「夏ならではの遊び」とか「夏はプール」「外で汗をかかなければ」といった「これまではそうだったのだから」では、急速に変化しつつある地球の気候のもとで子どもを守ることはできないのですが…。

 

 お答えになっていませんが、以上です。

暑さ2題:「危険」でもプール活動。「とにかくプールに入れて」

  • 2019.07.31 Wednesday
  • 22:01

 ちょっと原稿書き(保育団体さんとかの出版物用)がたてこんでいて、いろいろ遅れております。
 はまゆげ先生、考えてはいます! 心配な保護者さん、小学校の給食室で園の給食が作られているというシステム自体が不思議ですね、ちょっと並木先生にお尋ねしてみます。うさぎNSさん、典型的な新卒さんと言えばそうなんですが、対応となると…。少々お待ちください。

 さて、とっとと返事をしなければいけない、そして、お答えできる「暑さ」についてだけ!

1)さよりん先生(名古屋市)から。要約しますね。
 今日の暑さ指数が10時で31。自園の看護師に「プール活動は中止した方がいいのではないでしょうか?」と尋ねたところ、「学校と違って遮光ネットが張ってあるし、名古屋市では"暑さ指数によってプール遊びを中止しなさい"という決まりは出てないし、熱中症にならないように気をつけてやっているから」と言われました。
 名古屋市の公立保育園のほとんどの園長をはじめ職員の間では、「夏は晴れていれば熱中症の危険があってもプール遊びをする」というのが"常識"のようです。事故が起こらないとわかってもらえない世界です。名古屋市の公立保育園が危機管理意識が低いのか? 異を唱える私が細か過ぎでおかしいのでしょうか? ちなみに、名古屋市の公立保育園のプール遊びの監視役はパートさんに任せている園がほとんどです。それもどうなのかなぁと思っていますが‥。 
ーーー
 ご冗談でしょう?です。そうですね。誰か亡くなるまでわからない、という世界なのでしょう。監視役をパートさんに任せるという所もそうですが、水と暑さを甘く見すぎています。
 8−2の「資料」のリンクの所にも置いてありますが、昨夏、救急医学会が出した提言に、(子どもについては)「危険」でも「厳重警戒」でも、「 原則的には全ての授業での運動や課外活動を中止するのが望ましい。」と書かれています。「保育園のプールは、遊びであって、運動じゃない」と名古屋市の公立の園長先生(看護師さんすら!)強弁なさるなら私にはもう何も言えることはありません…。

2)たっきー先生から
 今年は計測器を購入して、使っています。連日の暑さで危険数値になるためプールは中止しています。このことは再三保護者にもお知らせはしていますので、「今日は暑すぎて出来なかったね」と理解をして頂いている保護者がほとんどです。しかし、医師であるお母さまから、「プールに入る前に経口補水液を飲ませ、遊んだ後も飲ませれば大丈夫。肩までプールに浸かっていれば良い。日よけをアルミの様なものにしたら…」等、「子どもがプールに入れないのは可哀そう。夜寝るのが遅くなる」と言ってきました。園としては、暑さ指数と監視体制が整わなければ行わないと何度も説明しています。以前からも園のルールを守らない方で、対応に苦慮しています。  
ーーー
 ある意味、話は簡単です。「私どもは、人様のお子さんの命を預かっている仕事をしているものですから、命の危険があるかもしれない時に無理をすることはできません」とだけ繰り返してください(Bー1の「プール活動を廃止することを伝える手紙」も同様)。この際、「申し訳ございません」と言う必要は一切ありません。毅然と「できません」とだけ言ってください。
 1−2の例5「暴力・殺傷事件の危険がある場合」にも書いたことですが、園がどんなに理にかなった説明をしても、または園の立場として説明を繰り返しても、「なんで!」と言ってくる人はいます。それは先生たちが間違っているからではありません。そう言いたい人は必ずいるのです。でも、他の大部分の保護者が「そうだよね。無理だよね」と言っているのですから、気にしないでください。自治体にも苦情がいくかもしれませんが、同じように繰り返せばいいことです。こちらが「子どもの命を守る」と言っているのに、「一人の親の言う通りにしろ」と言う自治体は(めったに)いないでしょうから。
 どんなことでも同じですが、少数の保護者の言い分にふりまわされてはいけません!! できないことは「できない」、しないことは「しない」と繰り返す、です。

散歩の安全(マダニ)

  • 2018.06.15 Friday
  • 09:55

ナカ先生からお尋ねです。

 

散歩の安全について、最近とても悩んでいることがあります。
園庭は草場がないので、虫や草花との出会いを求めてすぐ近く(子どもたちと歩いて5分)の川沿いの遊歩道の草はらに通っています。園から近いですし、自然との関わりが持てて良いなと思っていたのですが、ある日「ここで遊ぶのがダメってわけじゃないんだけど、、マダニがいるから気をつけてね」と通りかかり(・・というか、おそらくその草はらに自分の好きな草花を植えている近所の人だと思います。)に言われました。(なので、「その草はらで遊んで欲しくない」という気持ちでおっしゃった可能性もあります。)

マダニ、、本当にそこに生息しているのかどうかは分かりませんが、調べれば調べるほど怖いです。その対策としては、長袖長ズボン、靴下などで対策すれば、草はらで遊んで良いものなのでしょうか。

“草はらで遊ぶ”という、いたって“普通”な戸外での活動ですが、場所によってみなさんは服装などの配慮をなさっているのでしょうか?(すべきなのでしょうか?)

 

------

マダニ、川原にも十分いますよ。ライム病も媒介しますし、「最新情報」に載せた通り、急性の麻痺も起こるようです。

こちらに、わかりやすい資料がありました(国立感染症研究所)。注意や予防法はこの資料に書いてある通りです。気象変動のせいか、マダニ被害は増えているようですし。

 

ただ、外へ遊びに行くという価値を考えれば、「行かない」ということはないと私は思います。ただ、草むらへ行くのに半袖半ズボンというのはそもそも間違いなので、長袖長ズボンは当然かと。「長袖長ズボンではとても暑い」という日に川原の草むらに行くのは、(熱中症予防上)誤りでしょうし。

 

世の中に「いいこと(価値)」しかない状況やモノはありません。「いいこと(価値)」があったら「リスク」もあるのです。保護者には、「〜なので、遊歩道へ行きます。蚊やマダニなどの危険もありますので、このような予防方法を取ります」というリスク・コミュニケーションをしてください(「コミュニケーションに関するトピックス」のB−1にあるようなもの)。「遊歩道の草むらで遊ぶことは価値なのだ」と保護者が理解すれば、リスクも理解するはずです。「蚊もダメ。マダニなんてとんでもない!」という保護者がいたら、「では、〇〇さんのお子さんは、お散歩に行かず、園内で過ごすということでよろしゅうございますか?」と確認するしかないでしょう。それでも無理にその子を連れていくことはお勧めしませんし、人間、価値とリスクをきちんと提示されて、価値がある認めれば、リスクは積極的にとるものなので(個人差はありますし、リスクにもよりますが)。

運動会の熱中症について(小学校)

  • 2018.06.15 Friday
  • 09:39

下のアキ先生のところ、私のお答えとの間に区切りがなく、見えづらくて申し訳ありませんでした。直しました。

 

さて、なお先生からのお尋ねです。他にも同じような経験をなさっている方がいるのではと思います。

 

------

先日、我が子の小学校の運動会が行われました。

 ̄蠹群爾濃劼匹眞は出番以外は日陰はない場所での観覧でした。服装は半袖半ズボンと、紅白帽(日よけなし)です。来賓や敬老席にはテントが用意され日陰でした。
⊃綸はお茶か、水と指定されています。
A干愬閉会式3時までの参加です。
(炎天下での閉会式に20分かかり、挨拶や万歳三唱など、私もうんざり・・・)

あまりにも酷だと感じたので、学校への提案をしようと思っています。
,紡个靴
子どもにも日よけテントを用意したらどうか?
(命とレンタル費用とどちらが大切?)
▲好檗璽張疋螢鵐も可にしてはどうか?
D祿愬は午前中だけの参加ではどうか?

実現されるかどうかは、わかりませんが、一石を投じたい気持ちです。
先生のご意見を伺いたくよろしくお願いします。

 

-------

スポーツドリンクについてはいろいろな意見があって、私はなんとも言えませんが、ここの真ん中あたりに「水分補給」について以前書いたものがあります。

 

炎天下で、ずっと日が当たる場所にい続けるというのは、絶対になんとかしたほうがいいと思います、全学年について。「安全に関するトピックス」の冒頭に「熱中症予防マニュアル」と「予防指数」のリンクがあります。すでに運動会は終わってしまったようですが、当日と同じぐらいの天候の日にWBGTを見てください。それが「注意」以上だったら「危険だった」のです。5月、6月は熱中症が起こらないというのは嘘です。WBGTが高い日もありますし、多少低くても、からだはまだ暑さに慣れていませんから。

 

小学校が「これまで大丈夫だったのだから」を変えるのは、なかなか難しいと思います。ただ、「誰かが亡くなってからでは遅い」とおっしゃってください。それでも変えない状況はたくさんあり、結果、亡くなっているケースもあるわけですが…。

「3000万語」の感想。散歩の安全

  • 2018.06.09 Saturday
  • 18:10

1)ゆき先生から、『3000万語の格差』にこんな感想をいただきました。嬉しいです〜! ありがとうございます!

 

 本を読むのが好きな保育士です。図書館でいろいろ探しては、おもしろそうだな〜と思う本を借りてきては読んでいます。内容に説得力があり、興味をもってぐんぐん読んでいきました。ただ、途中、難しいことが書いてあり、理解するのに、2度読みしているうちに集中力がなくなって、完璧理解はできずで残念したが。
 「応答的な関わりが大事だよね」とよく、仲間で話をしていましたが、その理屈を今ならわかりやすく、保護者に伝えられそうです。大変参考になりました。
 最後の方に書いてありました保育についての考え方も「そう、そう、そうなんです〜」と叫びたいぐらい同感しました。もっと保育を大事にしたいと思いました。また、ここで掲載されている内容から安全に対する情報を集めたり、学んだりしてがんばります。

 

2)アキ先生からのご質問

 

 いつも拝見させていただいております。先日は研修会で貴重なご講義ありがとうございました。私立保育園の看護師をしております。2点ご質問させてください。

 1点目:お散歩に行く際、歩き方(お子さんの年齢、保育者の配置など)安全基準はありますか? 当園では園庭があり、戸外遊びを重点的に行っておりますが、園の外にお散歩に行く際に、どうやって歩くか(お子さん同士で手を繋がせるか等々)はかなり該当保育士の考えに左右されます。保守的な保育士と楽観的な保育士ではお子さんの歩かせ方にかなり差があり、またそれを指摘できない風潮もありますので、歩き方の安全基準があれば統一できるかと思い、ご質問させていただきました。
 2点目:ヒヤリハットの共通理解が難しく、タイムリーな共通理解も困難(保育士の考え、環境等々様々な壁があります)なため、同じようなヒヤリハットが多発しています。ヒヤリハットレポートについても看護師管理で、保育士は月1度の提出をそつなくこなせばいいや…という姿勢が見て取れます。事例検討や朝礼での周知、クラスへの指導等行っていますが、なかなかうまくいかず、事務所に掲示し、職員会議で話しをしても、意識の高い人しか見ない…という現象が起き、このままでは重大事故が起きてしまうのではと危機感があります。何かいい方法があればご教授ください。お忙しいとは思いますが、よろしくお願いいたします。

 

------

 まず、散歩ですが、安全基準自体はどこにもありません。一時期、いろいろな園のお散歩にくっついて歩かせていただくことがありました。そうすると…

・手をつなぐと、子どもが「共倒れ」になることがある

・「この2人が手をつなぐと、片方が共倒れになりやすい」という組み合わせがある(片方が走り出すタイプとか、急に止まるタイプとか)

→ なので、必ずしも、いつも手をつながせることが良いわけではない(一人で歩いたほうが安全で、一人で歩いても大丈夫な場所)

→共倒れになったとしても、手をつないでいれば、急に走り出したりして危ない時の抑制にはなる、という考え方もある

 そうすると、「手をつなぐことによる価値」と「手をつなぐことによるリスク」を天秤にかけて、「この場所は手をつなぐ」「この場所は一人でもいい」「この子は保育士が手をつなぐ」といった判断をするしかないのではないかと思います(…というか、すでに、していらっしゃるのではないかしら)。

 私個人としては「いつでもとにかく手をつながせる」というのは、変かなと。子どもだって自分のペースで歩きたいでしょうし、緑道などのようにある程度、安全な場所なら、列が長くなりすぎないようにしつつ、自由に歩かせてあげたらいいように思うのですけれども…(私が想定しているのは、都市部で歩道や緑道などを通って公園に行くようなことを想定しています。農業地帯で歩道がない、車道の横に用水路があるといった場合は違ってくると思います。アキ先生、ご意見をください。

 

 ヒヤリハットですが、「悪いこと」という枠組みで出してもらうと、人間、なかなか出しません。そうではなく、「報告してくれてありがとう」を増やそうという枠組みにしてはいかがでしょうか。「安全に関するトピックス」の1−1(気づきを活かす)に書いてある内容なのですが、こちらはお読みになっていただけたかしら? 特に、「落ちているものや破損している箇所」などの気づきは、誰も責めない気づきが多いので、「とにかく出す!」という空気を作るには効果があります。こちらも、アキ先生、ご意見をくださいませ!

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM