4人の先生から、計5つのお尋ねです

  • 2019.06.30 Sunday
  • 22:24

 まず、サボコ先生、下のスレッドに、コメントありがとうございます。まだ、お返事書いてません〜。ごめんなさい。はなまる先生、下の下のスレッドにコメントありがとうございます。そちらにお答えしました〜 (^^)

 

 続いて4人の先生方から。ひとつひとつお答えさせていただきます。

 

1)カナ先生からです。

 いつも沢山の情報ありがとうございます。気持ちが緩みかけてしまうことも…。しかし新たな情報やニュースに気を引き締める毎日です。

 朝の食べ物について、何を食べたか、どれだけ食べたか、は子どもの様子を考える指標の一つだと思います。アレルギーの遅発反応や運動誘発性アレルギーについても何時頃に何を食べたのか、は大切な情報です。★牛乳アレルギーで朝コーンフレークにかけて食べてきて軽く症状がでた★という経験があります。保護者の方は大したことない等と暢気でしたが、預かる側としてはドキドキしたまま、お迎えを待ちました。「軽い症状」というのがとても厄介だと思っています。こんな程度で、文句を言われてもお迎えをお願いしていますが・・・。遅発症状というのか、その時は発疹・発赤程度でも後ほど下痢症状が止まらない等ということもあります。事例を知るほどにコワさを感じる食物アレルギーです。

 

お答え:はい、おっしゃる通り、家で食べている食事(食材)の情報はきわめて重要です。だから、私はてっきり、以上児さんたちも食事の内容を書いてきているものだと思っていたのです(8−2の中にある「午前の脱水」の話ですよね?)。牛乳アレルギーでコーンフレークに牛乳かけるなんて、たとえ遅発型でも危険なんですが、なんでそういうことをするのか…。理解できません。

 でも、のんきに「牛乳を口にしました」と言ってくれるだけよいのかも。発症して「家では食べていません」「園でしょう?」だったら、冤罪になりかねませんから。そのうち、そういう事例が出てくるんじゃないかと危惧している今日この頃です。園と違って、家でできあいの惣菜や弁当を食べていたら、実際、何を摂取しているかなんて、保護者もわかっていない可能性がありますし。

 

 

2)アキ先生です。再投稿、ありがとうございます!

 お忙しいのにお手間を取らせて申し訳ありません。質問を簡潔にする訓練と思って、再度送らせていただきます(汗。)昨年12月より、先生のHPを参考にした気づきボードを導入して参りました。件数はかなり集まっています。職員の意識も変わってきているのを感じています。その中で、よりよい集計の方法を教えていただけないでしょうか? 現在、トラブル・非トラブルに分け、単純集計をしています。先生方がもっと書きたい!となるような集計方法があればご教授願います。宜しくお願いいたします。(先生の睡眠、お食事の時間を優先してご返答ください。全然急ぎませんので…ご自愛くださいね)

 

お答え:アキ先生、「件数がかなり集まっている」とのこと、ぜひ一部だけでも拝見させてください。「こういうふうに分けるんですよ〜」ということをお伝えしますから。この視点がわかると、がぜん、「気づき集め」(1−1)はおもしろくなります。あとでメールしますから、気づきの個人名の部分を全部消して、スキャンしておいてください。場所(クラス名)は残しておいてください。同じ場所で同じことが起きているというのは、非常に重要な情報なので。

 他の園の皆さんも、気づきが集まったらおっしゃってください。これは実際に集めたものをもとに分類して考えるのが、最も効果的ですので。

 

 

3)おおしろ先生からです。

 乳幼児の睡眠時の横向き寝について質問をさせていただきます。私たち保育園では睡眠時うつぶせ寝・横向きはあおむけにするようにと職員会議などで決めて実施をしていましたが。勤務している看護師が「乳児の睡眠時ミルクなどの嘔吐などがあった場合は横向きで寝ている場合が安全なので、あおむけ寝と横向き寝は両方いいのではないか? 医療の現場では右位と左位という医療用語もあるので、横向きは危険ではないです」との意見を頂きました。
 色々とネットなどで情報を収集してみましたが、医療現場を経験している看護師に意見を言われてしまい、困惑している状態です。掛札先生のお書きになったトピックを活用させて頂き園内研修を行っていますが、上記の件について掛札先生のご意見を頂きたくコメントを送らせて頂きます。どうぞよろしくお願い致します。

 

お答え:まず、子どもを寝かしつける時の体位は「あおむけで」というのは、欧米でそもそも家庭向けの突然死予防の呼びかけ(Back to Sleep。このbackは「背中」という意味)として始まったということをご理解ください。家庭で子どもを寝かしつける場合、その後、保護者も眠るわけですから、睡眠チェックはできません。横向きにしていたら、その後、うつぶせになる確率が上がります。だから、「横向きでもダメで、とにかく周囲に何もない状態で、タオル等もかけずにあおむけに寝かせましょう」と言っているのです。そして、もちろんこれは自分で自由に寝返りが打てるようになるまでの赤ちゃんの話です。自分で寝返りが打てるようになれば、自分で横も向くでしょうし、うつぶせにもなるでしょう。でも、家庭の場合、亡くなるのはたいていが寝返りのできない0歳児なので、寝返り後に何か起きても、そこはしょうがないわけです(保護者が眠れなくなってしまいます)。

 保育園では、保育士が一緒に眠ってしまうわけではありませんから、逆に横向きでもよいのかもしれません(睡眠チェックを確実に、5分おきにしているのであれば)。けれども、東京都の監査ではすでに「横向きはダメ」と言われているのです。これは、上の「家庭向きのアドバイス」をうのみにしたもので、確かに道理には合わないかもしれません。ですが、監査で指摘されているという事実を考えると、お子さんが横向きで寝ていて亡くなった場合、保育者、園の責任を問われかねない、そういう意味で、私や並木先生は「横向きも原則、ダメ」とお伝えしているのです。

 「うちは東京都じゃない」…、でしたらぜひ、ご自身の自治体の保育課にお問い合わせになることをお勧めします。自治体の言質をとっておくのです。看護師さんが医療の現場でどのように学ぼうと、残念ながら、今、保育の現場で言われていることは違う場合があります。自分たちで判断せず、自治体にお尋ねになるほうがいいと思います。

 「嘔吐している時や咳き込んでいる時は横のほうがいいのでは」とおっしゃる方は多いのですが、米国国立研究所のサイトには、「あおむけにしたからといって誤嚥や嘔吐が増えるわけではない」と書かれています(こちらのページの下のほう、赤ちゃんのイラストの真上)。

 この点で私がいつも申し上げるのは、「嘔吐していたり、せきこんでいたりしたら、集団の中で寝かせず、先生の横に置いたり、職員室に寝かせたりして、5分どころではなく、こまめにチェックしますよね。だから、その時にその子が自分にとって楽な体位(うつぶせ以外)をとることは当然だと思います」です。

 

4)最後、とやと〜先生です。2点。

 1つは職場の残業についてです。普通勤務で17:15に終わるところ、18:30、19:00....大きな行事が近くなると20:00......21:00.........22:00ということもあります。もう疲れきっていて、日中に事故が起こらないことを祈るばかりです。昨年度末には、早番7:00(実際は6:30に出勤)から22:00まで働き、残業代は2時間でした。やる気がなくなります。
 2つ目は、子どもたちを怒鳴る保育士がいることです。気に入らない行動をする子どもは怒鳴られます。誰もいない遊戯室で怒鳴って、そのまま子どもをひとりで暗い遊戯室に残します。何か事故が起こったらどうなるのか不安です。子どもたちは怯えており、隣のクラスに逃げてきます。廊下からその保育士の声が聞こえると物陰に隠れます。怒鳴る保育士は、もしかしたらどこにでもいますか? どうしてあれほどまで怒鳴るのか。一度壊れた子どもの心を修復できるのか心配です。

お答え:1については、労働基準監督署に労働時間の実態を報告することをお勧めします。報告しなければ、組織の問題は何も変わりません。もちろん、「誰が報告したんだ!」ということにはなりますが、不満を持っている職員はたくさんいるのでしょうから、その点は問題になりません。

 報告しても自治体が動かないというケースもあります、「職員で上司と話をしろ」と言われて終わり、というケースもあります。その場合、自治体に伝えた上で、不満を持っている先生方で一斉離職することを常に私はお勧めしています。そのような園は子どもにとっても保護者にとっても職員にとっても悪い園です(安全の側面だけでなく)。集団離職する日に、玄関に理由を書いた紙を貼るなり、保護者に配るなりしてください。マスコミは「一斉離職なんて!」と書き立てていますが、それは保育者のわがままではない、ということがそろそろ理解されつつあります。今なら、(よほどの過疎地でない限り)仕事はあります。たとえば、NPOの今年のニュースページで、「沖縄県読谷村」と検索すると、離職→保育園設立のニュースが出てきます。

 2については、その先生の音声を録音し、SNSのアカウント(適当に作ってください)で公開することをお勧めします。たとえば、NPOサイトの今年のニュースで、「SNS」で検索すると小倉で録画して投稿した事例、「録音」で検索すると熊本で録音して証拠として使った事例が出てきます。その保育士が運営者の親族だったりすると、運営者に言っても聞かないでしょう(この手のケースは山ほど聞きます)し、自治体も動かないでしょうから、最後の手段は「公表する」です。

 1も2も、いずれの方法も難しいことはわかっています。でも、運営側がそのような事態を放置していて、先生方が「これでは子どもにとってよくない」と思うのであれば、園を存続させることに加担するべきではありません。重大事故や職員の自殺、過労死といった事態に至った時、「なぜ、私たちは声をあげなかったのか」と後悔するだけですから…。

発熱時の対応 & 詰まりかけて咳き込んでいる時

  • 2019.06.20 Thursday
  • 00:19

 大阪の友香先生、お励ましの言葉をありがとうございます!


 遅くなってしまって、申し訳ありません。並木由美江先生からお答えはいただいていたのですが、掛札にまったく時間がなく…。吹田の事件、昨夜の地震など、その場その場で情報提供することや対応することがこのところ多くて…。今も夜中過ぎです。最近、睡眠時間と食事時間がきわめて圧迫されています…。

 

 そしてこのブログ、お尋ねにこちらがお返事をしても、その後、「答えを読みました」や「ありがとう」が近頃ほとんどありません。私も並木先生も、このブログやNPOのサイトに関しては完全にボランティアです。「でも、そのぶん研修会等でお金をもらっているのだろうから、返事をするのは当然」とお思いになるのかもしれませんが…。疲れてくると、だんだんキレてくる掛札です。ある日突然、この質問ブログやNPOのサイトがなくなったら「そういうことか」と思ってください。

 

ーーーまず、きむ先生からいただいたお尋ねです。−−−

 発熱の子どもの対応についてです。現在は、発熱したらアイスノンをしていますが、横になっていなかったり、嫌がったり、また、0才児など、バウンサーで寝ている場合、逆に危ないのかなとも。園内研修をする予定ですが、何が正しいのかわかりません。
脇を冷やすバンドもありますが、これは熱性けいれんを持っている子のみ、対処策で使用することがあります。
 アドバイスをよろしくお願いします。

ーーー並木先生のお答えです。−−−

 アイスノン等を使う目的には、2つあります。熱を一時的に下げるためと、気持ち良くしてあげるためのもの。
 熱を一時的に下げるには、クーリングポイントである脇の下、首の両側、足の付け根のあたりにあてますが、保育園では脇の下にクールパックなどを当てるのが一般的かと思います。「気持ち良い」と感じるためのものは、背中やおでこに当ててあげますが、本人が嫌がっている場合は無理に当てる必要ありません。
 熱性痙攣の既往の有無にかかわらず、本人が身体が熱くて冷やすのが気持ちよければ冷やしてあげましょう。ただし、発熱前、寒気がして手足が冷たいときは、まだ冷やしません。また、熱があっても横になっていなくても良いです。子どもにとっての「安静にする」ということは、その子の過ごしやすい時間の過ごし方ですから、絵本でもオモチャでも。
 もし、眠っているときは、貼っているものがはがれて鼻口をふさいでしまわないよう気をつけましょう。
 アイスノンを当てるときは、肩や背中の下になって身体を冷やしすぎないように当てますが、眠ってしまったら外しても良いです。頭を冷やすの同じ。こちらは「気持ちが良い」と感じるためのものですから。

 

ーーー次に、そら先生からのお尋ねです。−−−

 (掛札の研修会で)「のどに詰まり泣いたり、咳が出ているなら息をしている。だからまず観察して。いきなり背中を叩いたりすると息を吸い込んで、奥に入るから」と聞きました。私も、いままではすぐ背中を叩くようにと伝えていたので、目からウロコの情報でした。(掛札注:この1−7の中にある「誤嚥窒息時の注意」のことです。)
 その園内研修後、ベテラン保育士から「観察しているよりも先に、背中を叩く等の処置をがベストだと考える医療関係者数人から確認をとって来た」と。背中をたたくことで物は奥に入らない。観察ファーストは処置が遅れるので、それは違うのでは?と聞かれました。

 ここで、大事なことは子どもの命を守ること。それは互いに認識してます。
◯観察
◯具体的な処置
 どちらも必要ですよね。

 さて、そこで先生にお尋ねいたします。
 誤嚥の救急救命の、まず、することの行動を時系列で細かくご教授ください。

ーーー並木先生のお答えです。−−−

 観察は大切です。
 子どもが、食事中に、または遊んでいる時に急に咳き込んだら、異変に気づいたら、物がのどに詰まったかもしれないと疑い、まずすることは、他の人を呼ぶことです。
 この時、強い咳き込みができていれば、
)椰佑乏韻込ませる
 自分で取ろうとしているのを妨げないこととして、この時は(背中等を)叩きません。
 強い効果的な咳き込みができない(弱まってきた)場合、次に救助者(保育者等)が行う救命処置として、以下の2つの方法に移ります。この時119番通報もします。
 *この観察と判断は速やかにします

背中を叩く:ポイントは頭を低くしてたたくこと、ただし足をもって逆さにしては危険なのでやってはいけない。
J部突き上げ:へその上でみぞおちの下あたりを瞬間的に突き上げる。乳児や妊婦では、危険なのでやってはいけない。乳児は胸部突き上げ(胸骨圧迫)をします。
△鉢を繰り返し、異物が取れるまで行い、取れても医療機関に受診させる。
 取れないまま意識なしになったら、心肺蘇生を開始し、救急隊に引き継ぐ。
 この一連の救急処置において、なにより「観察あり」で初めて、速やかな手当てにつながることになります。乳児では、最初の観察から強い咳き込みができず、咳も出せないまま「ウッ」となっていたら、すぐに↓を行うことになります。今、どの状態なのか観察、判断し、今すべきことを知ってください。

 「流れ」に関するお答えとして、赤十字社の指導教本をお示しします(下の画像)。私たちはこれに基づいて指導しています。

 

(掛札補足:指導教本にある通り、「自分で咳をできる」場合は、「自分で咳をさせる」、つまり、咳き込むという人間の体が持っている自然な行動のじゃまを「叩くこと」でしてしまわない、ということです。後ろから背中を叩かれて驚き、その時に口に入れていたもの〜この場合はホットドッグの中のソーセージでした〜が喉に詰まり、植物状態になった子どもの事例も米国にあります。「背中を叩くことでモノは奥に入らない」という意味はよくわかりませんが、驚いた(または、驚いたのと同様の)状態になった結果、喉や気管にモノや食べ物が詰まった事例は多々ありますから、咳き込むことでせっかく出てきていたモノや食べ物が、背中をむやみに叩いていることでもう一度、喉や気管に入る可能性は否定できません。なにより、むやみに叩くことで観察がおろそかになる危険性があります。)
 

 

 

救命救急の動画

  • 2019.02.25 Monday
  • 16:17

保育士MAさんからお尋ね。救命救急の動画はどこですか?ということでしたので、こちら(MA先生、ごめんなさい、誤嚥の動画ではなくて、どんな時でも基本となる救命救急の動画です)。

 

こちらのページにある「0.緊急事態時の訓練用動画と解説」が動画。その上の「保育の安全シート」にはイラストの解説があります。この2つの内容を作ってくださっている並木由美江先生の救命救急講習、衛生の研修会はとっても勉強になります!(そして、楽しい!) 

 

製品の危険をみつけたら報告を!(マグフォーマーを例に)

  • 2019.01.15 Tuesday
  • 17:19

NPO理事の所真里子さんから、下のマグフォーマーの磁石に関して重要なコメントをいただきました。他園の先生方も「これは言わなくちゃ」「うちは大丈夫だったけど、ひどいことになったら大変だから」という製品があったら、どんどん報告してください。報告すればするほど、国民生活センターは動きます。私たちが黙っていたら、何もしません。国民生活センターもメーカーも輸入業者も。

 

-------

 

青エプロン先生、貴重な情報をありがとうございます。

プラスチックは劣化しますが、直射日光に常にさらされたり、強い力が日々かかったりしない限り、数年で劣化することは考えにくいです。

磁石がなぜ抜けてしまったのか? 原因がわからないと不安ですから、ぜひ国民生活センターに商品テストの依頼をしてほしいです。

国民生活センターには、消費者から「これは危ないと思うから、原因を調べてほしい」という申し出を受ける窓口があります。
たとえば、このページの右側

方法は2つあります。
「188」(局番不要)にかけると、最寄の消費生活センターに電話がつながります。もう一つは国民生活センターの窓口(03-3446-1623/10時〜12時、13時〜16時・土日祝日を除く)にかける方法。個人的には、国民生活センターの窓口をお勧めします。

電話をかけると、氏名、住所、電話番号、性別、年齢、職業 が聞かれます。これはいたずらではないことを確認するためと、商品テストをすることになったときにテストするモノを受け取るために必要な情報です。「保育士」と答えたとしても、どこの園かを
答える必要はありません。

伝える内容は次のとおりです。
・具体的な商品名を伝えます。
・いつ頃に購入したか、わかる範囲で。保育園で使っていることも伝えてください。
・商品がどのような状態だったかを説明してください(ブロクに投稿した内容と同じで大丈夫です)
・子ども用に安全対策がなされている玩具なのに磁石がとれた。とても磁力の強い磁石であること。他でも頻発しているとしたら非常に危ないので原因を国民生活センターで調べてほしい。

子どもの磁石の誤飲は、国民生活センターが2018年度の10大消費者ニュースの一つにあげられているので、無視はできないと思います。磁石がとれた玩具を発見した方には、一人の消費者として「これは商品として危ないからテストしてほしい」とぜひ国民生活
センターに連絡をしてください。

なお、この申し出ですが、園で事故等があると地方自治体を通して消費者庁に届け出をする制度がありますが、これとは全く違うものです。園を運営する区や会社等の許可を得る必要はありませんし、国民生活センターがテストをすることになったとしてもどこ
からの申し出かが公表されることはありません。

餅つき(再掲)

  • 2018.12.09 Sunday
  • 23:55

hiyoko先生、「トイレットペーパーの筒に入るおもちゃ」にコメントいただき、ありがとうございます!

 

季節がら、餅つきの件を再掲しておきます。餅つきは、とにかくノロウイルスの集団感染の原因になります。子どもたちがついた(さわった)餅は食べない! 家に持ち帰ったりしない! 鏡餅にするだけ。園でお餅を食べるなら、そのぶんは機械でつくか、検便を受けた人だけがつくか、してください。

2015年11月9日の記事です。

幼児プールの塩素について & 抹茶のカフェイン

  • 2018.07.08 Sunday
  • 10:08

幼児プールの塩素については、NPOサイトのトップページ、「更新とお知らせ」の下の「最新情報と大切な情報」に書きました。そちらをご覧ください。

 

もうひとつ、りょう先生からお尋ねをいただきました。これ、私にはネット上にある程度のことしかわかりません! どなたか教えてくださいませ。

---

先日、「幼児のカフェイン摂取に注意」という記事をみつけました。この記事によるとお茶(玉露)のカフェイン量が最も高く、コーヒーが60mgでお茶が160mgでありました。しかし、お茶にはタンニンという成分が含まれており、そのタンニンによってカフェインが緩和されるという話も聞きました…。
そこで、問題を感じているのが当園で行っている「お茶の稽古」、子ども達が自らお茶(抹茶)を立て、飲む。というもの。抹茶を飲むということについて「お茶の稽古」のリスクになりますでしょうか?

ベビーラックについて

  • 2018.05.31 Thursday
  • 23:44

1)えーと、まず、よぴ先生(下の「虫よけ」の件)、別のところからもお問い合わせが来ているので、とにかく書いて「コミュニケーションに関するトピックス」のB−1に載せますね (^^)

 

2)えりこ先生、ありがとうございます。ファックスででも市にお送りしては?(←個人メッセージ)

 

3)ピュア先生からお尋ねをいただきました。

----

園長を務めております。職員より、0歳児クラスにベビーラックが欲しいと連日訴えがあります。睡眠時間が短い現在4か月になるお子さんをお預かりしていて、そのお子さんの入眠時やみんなが遊んでいる輪の中に入れてあげたいという理由からです。6人に対して2名の担任の他、看護師も殆ど保育に入り、食事介助時は1対1を確保するため私も入り、4人態勢で行っております。人が必要ならいつでも事務所に内線するように話していますが人の問題ではないと言っています。


4か月になると動きも出てきますし、身動きが取れないラックの中にいるより担任の膝で抱っこされてみんなの輪に入る方が安全だと考えます、更にラックの中のタオルが顔に覆いかぶさる危険も説明しましたが理解してもらえません。掛札先生のお考えをお聞かせください、よろしくお願いいたします。

----

最後のラックのタオルの部分の懸念はわかりますが、「保育士が横にいるのだから」という気持ちはあると思います。でも、そこではなくて、4か月児にラックを使うこと自体、ですよね…。うーん、これは保育そのものだ。誰か、答えてください!!! 答えて、お願い。

熱性けいれんについて

  • 2018.04.06 Friday
  • 15:23

ちか先生からご質問をいただきました。

 

さて、新年度が始まり新入児の中で熱性けいれんを一度起こしたお子さんがいます(1歳7ヶ月時)。37度5分以上の発熱の際使用するダイアップを処方されていますが、2歳3ヶ月の現在までご家庭ではその後まだ発熱したことがなく保護者もまだ使用したことがありません。ひきつけを押さえる座薬については自治体や園によって対応が様々だと思いますが、どのように対処していくのが良いのか検討中です。福岡市のように医師会で示しているところもありますが、医師会に問い合わせるのは敷居が高いです。掛札先生のご意見をお伺いいたしたいと思います。よろしくお願いいたします。

 

ちなみに以前、熱性けいれんについて書いた時は、以下の通りでした。

http://blog.daycaresafety.org/?eid=112#comments

 

看護師さ〜ん! お答えをお願いいたします。マニュアル、どこかにありませんか?

 

かけふだ

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM